ロシアに閉じ込められた男の子土穴寒さに3日忠犬体をその保温

April 30 [Tue], 2013, 16:53
< p >で新網3外国メディアの報道によると、月27日、私たちの常説、犬は人類の最も忠実な友達。先日、ロシアが起きた义犬恩返しの物語。家がシベリアウラル地区の小さな村の7歳の男の子のライブラリ利雅梅多夫ために1匹の穴に落ちてくる野良犬、自分もうっかり洞内に入り、こまれており。ライブラリ利雅梅多夫零下10摂氏度の寒さで過ごした3DQ10 rmt日が、彼のおかげで生き延び、野良犬を体で彼に保温。< \/ p >< p」報道によると、7歳のライブラリ利雅梅多夫よくこの野良犬と遊ぶ。先日学校帰りには、耳の穴が道端で音のもとに行くを見たら、意外にも彼の野良犬“老友」穴に落ちて。< \/ p >< ドラクエ10 RMTp >庫利雅梅多夫すぐ家に帰って服を交換して、準備レスキュー野良犬。しかし自分もこの3メートル転落し深い穴。発見庫利雅梅多夫行方不明になった後、ライブラリ利雅梅多夫の家族は急いで警報。現地にも大規模な捜索を開始。しかし人々が検索した72時間後、まだない発見庫利雅梅多夫の姿まで、道路が犬の鳴き声が聞こえ土穴労働者、彼はやっと発見され。< \/ p >< p >庫利雅梅多夫助かったときは体が弱いのに、まだはっきりしていて。彼はこの3日自分でずっとと野良犬が抱き合って互いに暖を取る。医師によると、ライブラリ利雅梅多夫が零下10摂氏度の寒さの中だった3の晩には、まるで奇跡。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:男の子が閉じ込められて寒さ72時間忠犬体でその保温(写真)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk102/index1_0.rdf