日本はうなぎの列を絶滅危懼種準を中国からの輸入

April 30 [Tue], 2013, 16:48
< p」「環球網レポーター张晓芳】日本新華僑報』『2月1日報道によると、環境省はこのほど正式決定し、近年、日本鰻激減、もう絶滅の恐れがあるため、決定は日本のウナギを絶滅の種に1列。日本の専門家は、長期的な安全食べるうなぎは、健全な保護措置を制定し、同時に中国からの輸入量を増大して。< \/ p >< p」の報道によると、日本の環ドラクエ10 RMT境省が開催を検討する専門家の座談会を決定して、日本のウナギに絶滅の種を絶滅の一つとして、DQ10 rmt危険が第2の高い位置に「IB類。しかし、日本は法的拘束力はないが、ウナギの漁や取引市場は依然として有効規制がない。< \/ p >< p >日本は水産品の消費大国として、そのウナギは深く日本人の好きな魚の1。日本では昔から「うなぎを食べましただけ」という言葉に多用されて夏の疲れをとるとスタミナ。日本のウナギの主は、日本、中国などに生息し、日本人の食卓に欠かせない水の制品です。しかし近年獲りすぎや河川環境の悪化などにより、日本鰻の数が少なく。漁獲量も減少1 \/ 15ラッシュ。ある専門家は、日本のうなぎの消費が世界の総量の70%、この種の絶滅を持つことの責任を逃れる。< \/ p >p >と<報道によると、現在日本市場で流通のウナギの養殖ウナギのほとんどは、しかも多い中国からの輸入に頼る。養殖ウナギはまだないが繁殖し、稚魚はまだ必要で漁をする。2012年秋、ウナギ生産量で日本国内の第3位の宮崎県下した地方政府、甚だしきに至っては初めて「禁漁令」が守る河川内の日本鰻の稚魚。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:日本はうなぎの列を絶滅危懼種準を中国からの輸入)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk1/index1_0.rdf