日本の科学者は発見し3-11大震災後に津波成因

May 25 [Sat], 2013, 10:23
< p >新華網東京2月9ニュース(記者藍建てで)日、法、米、英4国の研究者は新一期サイエンスに伴って、彼らは発見して、日本2011年3月11日の大地震では、日本の東北地方太平洋沖地震の震源域の地層応力の大規模なDQ10 rmt釈放、この変化を解明するがなぜこんな巨大な津波が起きる。< \/ p >< p」「地球号」を通じて深海探査船の日本東北地方太平洋沖のボーリング、日本海洋研究開発機構の研究者を得た大震災発生後、海底地層の関連データ。今回の調査の掘削場所は震源域日本宮城県牡鹿半島の約220km海底の海溝軸の近くに、膝6889.5メートル。< \/ p >< p」「地球」号の掘削の深さは約850メートルの海底以下、を貫いた北米プレートと太平洋の交インタフェース、ドリルた円筒状の地層サンプル。研究者の見本を分析し、掘削後の钻洞が受けた力、そしてと地震前の調査得たデータを比較。彼らは発見して、海ドラクエ10 RMT溝軸近く応力状態は地震前の北西太平洋プレートが急降下に−南東の押し出し、変わった西南−東北方向の引張。< \/ p >< p >研究グループは、海溝軸近く地層の応力状態が変化の証明、これまで蓄積の応力は地震時にほとんど全部釈放、こんな大規模な応力解放可能性は「3?11」大震災後に津波の成因。< \/ p >< p >この研究に世界で初めて、それ以前はないと証明したエネルギーを蓄え、起きない地震スライドの海溝軸近く断層、同様にエネルギーを蓄え、大規模なスライド。< \/ p >< p >の研究者は、このような現象は発生日本東北近海にも、同じが他の直下型の大地震が発生した海域。彼らの計画の下で一歩分析岩芯サンプルを掘削孔内の温度設定データ分析地震発生時に生じる摩擦熱など、把握が地殻プレートの境にある断層の摩擦特性、全面的な理解の海溝型地震発生のメカニズムは、将来を予測不可能な東海、南海、南海地震及び津波の規模に参考になる。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:科学者は発見して日の「3?11」大震災後に津波成因)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk073/index1_0.rdf