改革の当面の急務は王长江深水区に入るとして中央改革委員会

May 24 [Fri], 2013, 9:38
元標題:中国新十年:改革が知恵と勇気両;を生むの新政権。温家宝は強調しているの展開の重要な戦略チャンス期;、筆頭はどのように利用深水区;改革配当。これに対して、強化するトップ設計を堅持する改革に迫り本誌記者\/赵杰(から北京)3月5日午前9時、第12回全国人民代表大会第1回会議が開幕、温家宝総理代表今期政府の最後に政府活動報告。過去を振り返って五年働いて、温家宝首相は経済と社会の発展を多くの業績を得ながらも、その間も存在すると&ldquo ;多くの矛盾や問題、。この約1万5千字の報告は、10年の紙面に最も短い政府活動報告。全国政協委員、中国共産党中央党校党建研究部の主任王长江から見れば、この報告書をまとめ以前損得が所定の位置について、比較的に正確な位置決め今後へ、。彼は「中国新聞週刊』の取材を受ける時は特に、報告行間に表現した&ldquo ;さらに改革に強い意欲、。中国の行政体制改革研究会の副会長汪玉凯は「中国新聞週刊』のコメントによると、報告全面的、客観的;、中の問題を反映していると、今期の政府の改革意欲と結果との間になんて見るの差、同様に暗黙の新政権の高い期待。五年みたい、総括報告の中で損得温家宝&ldquo ;極普通でない ;要約する過去5年。世界の金融危機に遭遇して、国内の汶川地震などの自然災害の不利な要素の影響で、中国の経済発展目覚ましい成果明らか:国内総生産26.6兆元に51.9兆元から世界の第二位に躍進し、年平均成長率を9.3% ;公共財政収入から5ドラクエ10 RMT.1兆元に11.7兆元増加は約2倍。中山大学の政治と公共事務管理学院政務学院副院長と倪星、もし公共財政収入の数字を考える指標の一つとして、それを見ると、過去5年の政府の主要執政理念は、コミット建て全社会の範囲内の公共サービスのフレーム。報告はこの方面で筆を運ぶが多く、都市部と農村部の公共施設の建設を体現し、発展の教科文卫体などの公共事業や保障公衆参加の社会の経済、政治と文化活動などにおいて。過去5年、中国全面的に都市と農村の9年間無償義務教育、あまねく1.6億学生;を構築し、新型農村社会養老保険、都市部住民の社会養老保険制度、都市と農村の住民基本養老保険制度をすべてカバーを実現しました。それに合わせて、政府推進一連の主要分野の改革。政府機構改革については、予備を確立した機能の統一の大部門体制強化フレーム、民主的方策の過程で、健全な公衆参加など、政府の政策決定の手続きを深め、行政審査?許認可制度の改革。報告書はまた総括した過去5年の経済社会の発展の中の矛盾や問題:発展の不均衡、違和感、持続できない問題は依然として際立って、経済成長の下押し圧力と生産能力過剰な矛盾が激化に対し、経済発展と資源と環境の矛盾が鋭く、都市と農村の格差、地域の発展と住民所得分配の格差が大きい;社会矛盾は明らかに増え、教育、雇用、社会保障、医療、住宅、生態環境、食品と医薬品の安全、社会の治安関係など身近な利益問題の多くの大衆。て、船に深水2013年は、重要なスタートの年にして。&ldquo、我が国の発展は依然としてが展開の重要な戦略チャンス期、経済社会の発展に有利な条件を備えていると多くの積極的要素も多く、リスクと挑戦に直面してDQ10 rmt。温家宝が締めくくっ;。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk064/index1_0.rdf