吕宁思:改革は戦いはメディアを促す作用

May 23 [Thu], 2013, 10:54
鳳凰衛視3月7日「編集長時間放送吕宁思:改革は戦いのメディアは、以下を促す作用;文字実録:吕宁思:すべての両会に影響を及ぼし、眼球を引きつけ、人心のホットな話題は見事な、しかしある人は発見して、いくつかのメディアの記者たち実は彼らは毎年注目は同じ人物でも、同様のいくつかの話。例えば香港の記者が永遠の問題は、一国二制度。回答者もちろんもなく準備で標準回答で答え。そこで、Twitterであるネットメディアは皮肉と言う人は、あなたの年年歳々同じ話題に関心を持ってこれを追い立てられるとの、本当にのように。これに対し、メディア人は反論し、私たちを、今年の両会と公衆の注目の話題が見つかったように、今年のホットスポットの多数はすべて例年注目した古い問題 ;ので、私は注目。はどんどん出し、討論と研究がドラクエ10 RMT、有効な対策をも得られないで、甚だしきに至っては両会上の問題が山積している;、何千人代表委員は、一緒にかぶっても歯が立たないで、あれは私達はもちろん追いかけて置いていない。例えば人民網の調査が表示され、2013年全国両国民が最も注目の十個問題、顺番には社会保障、腐敗反対?、所得分配DQ10 rmt、住宅保障、医療改革、物価を安定させ、食品と医薬品の安全、法治中国、行政体制改革、国防建設。また、人民網が発表した2008年以来の数年来の両会が注目されている10のホットスポットの問題。社会保障;と腐敗反対? ;などの問題5年毎年も注目の先頭列。どうしてまだ解決することができない。そしてたくさんの人の感じで、腐敗の問題はますます軽減ではなく、ますます深刻に。また&ldquo ;所得分配;と教育の公平;問題になる5度に熱視線&ldquo司法の公正;;;と物価問題;、4度に熱視線&ldquo食品と医薬品の安全;;;と&ldquo ;住宅問題;、3度に熱視線。いったいなぜですか。私は比較的に現実的に見て、客観的に、いくつかの問題が根強いため、すでに人間の頑固な病気、。例えば、腐敗の問題だけではなく、中国にあって、そして全世界はすべて、後進国は、先進国もある。いくつかの問題は数年の時間を解決できるの。また、いくつかの問題、それから情勢は発展し続け、しかも発展のはとても速くて、処理のほうが速い、更にその他のいくつかの問題については既得権益層の仕業。既得権益者は彼らは人数は多くないが、しかし彼らは様々な行政権力を握っている経済権力を握っていると、彼らは各種の資源、だから改革」の戦いは、それでも、毎年注目点は注目したいのは、多くの方々が怠れないよう促して、堅持して堅塁攻略、最終的な勝利を目指す。メディアはこの監督の役割のはずだ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk056/index1_0.rdf