张小济委员:中国は国際金融の分野で発言権を高める

May 23 [Thu], 2013, 10:04
標題:张小济原委员:中国は国際金融の分野で発言権を高める中新社北京3月8ニュース(記者の劉育英)世界先進経済体が通貨を超出して、中国の巨大な損失をもたらし。経済分野张小济委員は、現在の先進国の経済体、経済が低迷し、中国が必要な資金は時、中国国際金融分野向上の発言権。全国政協委員、国務院発展研究センターの対外経済研究部元部長张小济中新社記者の取材を受けると、世界の通貨戦;言葉は正確ではありませんので、通貨による超髪は一方的に、中国などの新興経済体は損側。2008年の金融危機後、アメリカは四輪量的緩和政策実行。日本の安倍晋三昨年12月下旬上台以来、円安20%も近く。また、ユーロ、ポンドが対人民元為替レートの約3ヶ月もどんどん安。张小济引用IMF(国際通貨基金)データによると、2008から2010年間、先進経済体を獲得3超発通貨万多亿ドルの収益のうち、中国は世界第2位の経済大国、の代価は最大の。これまで観点は、世界の通貨戦は&ldquo損を利已ない;、。张小济は、事実は先進経済体、通貨超発転嫁経済危機によって、本国内のインフレの低いまま、例えばアメリカのインフレ率はわずか2% 2012年。現在、中国の外貨準備高は3.3兆ドルを超える。世界の通貨超発に中国の富を大幅に縮んで、しかも押し上げ石油、鉄鉱石など大口商品価格、中国企業の内外で圧迫。それだけでなく、张小济によると、中国の通貨政策を流用するスペースも圧縮され、ジレンマに直面する。もしマネーの流入は上昇、直面するとツイ高い資金調達コストを、企業受け取りにくい。もし金利引き下げは、不動産市場価格を押し上げて資本形成など、バブル。今年2月15日、G20サミット、モスクワで行われ、中国側が新興国家先進国通貨政策の要求に流出する性。IMF当局が薄れ通貨戦説と思い、緩和策には適切な、。张小济は、現在の先進国の経済体の経済低迷が必要、中国は多分助けて、中国は果断発声IMF対応、これらの国の財政規律の要求を実施しなければならない、緊縮財政を許さないでドラクエ10 RMT、しかもチケットヘッジ財政赤字を出して。アジア金融危機の中、IMF東南アジアと被援助国の厳しい財政規律を提出しなければならない緊縮財政。そしてヨーロッパなどの国の現在の財政緊縮に動作が遅い、IMF曖昧は態度を示したIMFのダブルスタンダード。2010年DQ10 rmt、中国はIMFのシェア第6位から3位を意味、中国納付資金が上昇し、相応の発言権はアップ。张小济、ブラジルは量的緩和政策措置に対応し、中国も早めに準備して、そして今は中国で一番は発声の時。(完)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk047/index1_0.rdf