北京五輪でのリアルタイム発信「交通指数」は携帯電話をとどめる

May 21 [Tue], 2013, 12:02
標題:&ldquo元;交通指数 ;市民携帯をとどめる本社ニュース(記者谢璐)夕方のラッシュどの道を歩きにくいが、いま前門へ行ってどれくらいの時間が…&hellip ;今後、これらの情報は随時に携帯電話で一目瞭然。今日の午前、北京の交通発展研究センターによると、反映道路網が総合交通運行状況の指標;交通指数は、登録市交通委員会サイト査看、いつでも携帯電話クライアントをダウンロードするを参照して、国内外の創始。記者は知って、クライアントが名を北京交通指数;、イラストの形式を通じ、リアルタイム発信の五環内ネットワーク交通指数と道路ネットワークの平均速度を表示することができる;また五輪内ネットワークどれらの区間が渋滯や、当日交通指数進化先週と同期の対比すると予想して市民が必要;旅行費やす時間データ更新5分ごとに一回DQ10 rmt、市民の参考に出かける。未来、市民の需要によって、クライアントが増えてくる未来主幹道速度及び交通指数の予測。しかし、記者は知って、北京交通指数クライアントに応用し、携帯電話は現在はAndroidシステムを通じて、市民がAndroid携帯市場ドラクエ10 RMT、91助手などを無料でダウンロード。りんごなど他のシステムを開発しているテスト段階、近い将来がオンライン。交通指数を取ることを解読範囲0〜10、5級の暢通(0-2):基本的には道路が渋滯によって道路走行速度制限標準基本暢通(2-4):少量の道路が渋滯で、一度に移動平均必要が0.3-0.5倍時間かかる軽度の渋滯(4-6):部分のループ、主要幹線道路が渋滯一度も必要0.5-0.8倍時間かかる交通の渋滯(6-8):大量ループ、主要幹線道路が渋滯で一度旅行も必要0.8-1.0倍時間かかるひどい渋滯(8-10):全市のほとんどの道路が渋滯で、一度旅行も必要1.0倍以上の時間がかかる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk040/index1_0.rdf