エストニアカップルはインドネシアで寺関係が発生して現地の表示板

May 21 [Tue], 2013, 11:13
< p」「環球時報」以外の記者潘亮禁止食事、喫煙のほか、インドネシアのバリ島でのお寺で最近は「禁止増加性行為」の表示板。スイス『20分報」によると9日の報道によると、1対の情炎を燃やすのエストニアカップルが昼間バリ島でサラプラグは村の1基のヒンズー教寺院に関係が発生して、地元の人はとても頭が痛くさせる。< \/ p >< p」の報道によると、サラプラグは村工事担当者へと向かう1お寺査看工程で発見されたことにエストニアカップルで、警察は2人が警視庁に持ち帰って尋問。地元警察局の責任者プーノ莫フランス通信社インタビューを受け、「このカップルは彼らの前には知らないバリドラクエ10 RMT島寺禁止性行為ため、私たちは彼らを渡し、村の責任者は、その決定をどう処理。」このカップルは彼らを認める性行為もかつて使用前に、お寺の屋外シャワー施設、そしてそのためDQ10 rmtに謝る。最後に、サラプラグは村が決まったカップルが支払い200万ルピー($ 1600ユーロ)の罰金資金の村民開催寺浄化式。事件の再発を防ぐため、すべての寺の当局者に決定前に「禁止増加性行為」の表示板。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:インドネシアのバリ島寺は「禁止増加性行為」表示板)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk024/index1_0.rdf