プーチン談ソ連国家保安委員会盗聴経験:盗聴が悪いが仕事に必要

May 21 [Tue], 2013, 10:53
< p >中新社モスクワ3月29ニュース(記者贾靖峰)ロシアプーチン大統領が出席し29日「全ロシア人民戦線」第1回代表大会、冗談で「自分に従事したソ連国家保安委員会」や盗聴仕事、彼の自嘲盗聴行為を「悪い」。プーチンは当地の要求は「全ロシア人ドラクエ10 RMT民戦線」の開拓を「社会運動」が形成され、より広範な政治的プラットフォーム。< \/ p >< p >今回の会議で、プーチン人とヤナの代表という少年司法の問題に関して議論する時、彼女はかつて何気ないヤナといえば「盗聴」は、二人の子の対話、プーチン応道:「盗聴?それはない。私は学会盗聴は、「ソ連国家保安委員会」の時、仕事関係」を引き起こし、満場笑い。< \/ p >< p > 29日、プーチン出向きロシア南部黒海沿岸参観の軍事演習のニュースを用意し外部の注目で、比較的地味なは、当日ロシア重要な政治組織「全ロシア人民戦線」もロシア南部の都市ロストフで行われた第1回代表大会。今回の国際会議に出席するのは、プーチン29日の別の1つの重要な日程は、当日は、当該組織を代表するロシアの多い政治や社会問題。今回の会議のテーマを「公正な社会」、約500人が出席。< \/ p >< p >注目に値するのは、プーチンは今回の会議に提出し、「全ロシア人民戦線」の開拓の1種の「社会運動」、要求を早く正式この「社会運動」を促し、彼は行動しないで放置は今年6月中旬11-12日を」。< \/ p >< p >プーチンは今回の会議によると、全ロシア人民戦線は「重大な使命を果たす」、すなわちより広範なプラットフォームを確保するために、違う観点と立場を持っての公民は同プラットフォームを自分の国家の発展に重要な問題のコンセンサス。< \/ p >< p」「全ロシア人民戦線」は、2年前からプーチン手を政治連合組織で、それは「党派を超え」の特徴を呼び込み、与党とその他の諸党派、無党派人士、非政府組織、甚だしきに至っては週囲の個人に集結したいプーチンロシア政治生活に入る。また、プーチンは求めて組織は一転政党。< \/ p >< p」「全ロシア人民戦線」は既にプーチンの第二大政治「陣営」、より広範な支持を獲得DQ10 rmtした政治。2011年ロシア議会选挙のとき、「統一ロシア党」はその所得をの約3分の1の議員席に「全ロシア人民戦線」のメンバーであり、2012年の大統領選挙期間中、プーチンの選挙チーム本部は「全ロシア人民戦線」。(完)< \/ p >< p align=「right」>(元標題:プーチン「ソ連国家保安委員会」を経験しながら盗聴暗い拓政治プラットフォーム)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk020/index1_0.rdf