新しい月探査計画を制定ロシア2023年を打ち上げ月面車

May 21 [Tue], 2013, 10:00
標題:ロシア< p >元月探査計画を制定して新しい宇宙大国雄威< \/ p >< p >国際オンラインニュース(記者盛晶晶):関係メディアの報道によると、ロシア現在制定宏大な月探査計画は、新ラウンド期の月探査ブームと位置づけ。< \/ p >先月中旬にアメリカ< p >テキサス州伍コ兰茲で行われた場に探索月遠く側と極地のセミナー。ロシア科学院の宇宙航空研究所の専門家、ミット罗法よりは会議では、ロシア宇宙科学者達は再び制定新しい月の計画をつなぐ。ミット罗法よりは、月の極地は人類が宇宙空間の前線陣地を未来の最も理想的な場所を強調し、月探査は未来へと火星探査の一歩。に、セミナーでミット罗法よりも触れたロシア未来の数年の月面の具体的な日程は、第一段階では三回月面行動を行い、その後2度。この五回可能な月面任務は2015年から2020年展開。< \/ p >< p>実際、ロシア全体の月探査計画は新しい壮大。今年1月末の時に、ロシア連邦宇宙署署長波波夫金は、ロシア宇宙飛行署やロシア科学院成立宇宙研究共同作業グループ。工作組を2025年ドラクエ10 RMT太陽係研究計画綱要、月探査になるこの計画の最も重要な任務。計画に沿って、第1段階は2015年から。その時ロシアは二つの月探査機が地球の衛星を検出。その中の1つの探査機は、月の南極の仕事。2020年後を第二段階は、また2台が月面車月面作業。同ソビエト連邦時期の月面車に比べて、新しい月面車の体積は小さくて、使用寿命は長くなる。計画に基づき、2023年ロシアは月に携帯に打ち上げロケットの着地装置。その時、月面車を入った月の物質の6-7密封容器に戻る搭載ロケット。殘る月の表面の月面車と着地点立って未来ロシア構成月面基地区域内の宇宙飛行の基礎施設の第一陣装置。< \/ p >< p >上世紀90年代ソビエト連邦が崩壊した後、ロシア宇宙分野で再現しにくい昔の輝きが、月探査計画は一時棚上げ。世紀に入っ21後につれて、EU、アメリカや他の国の月探査計画を発表し、ロシア夢を拾い集めDQ10 rmtて、決意は新たに月探査ブームと位置づけ。2007年、ロシア宇宙署は発表したロシア未来の月探査計画を実現し、宇宙飛行士を含め、月面基地など建造月永久。アナリストは、ロシア国力の全面的な回復は、ロシア必ずその復興の雄威宇宙大国。< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk005/index1_0.rdf