アラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラック ご紹介

November 10 [Thu], 2011, 8:00
東日本大震災が発生した直後の停電では、
電気を必要とする暖房器具が使えませんでした。


福島第一原発事故の影響による電力不足もあり、
冬が近づくにつれて、電気を必要としない石油ストーブを
買い求める客が増えているようです。


アラジン 石油ストーブ ブルーフレーム BF3906-K(ブラック)は、
クラシカルでコンパクトなボディと、青い炎が静かに燃えながら
部屋全体をやさしい暖かさで包む石油ストーブです。


暖められた空気がお部屋をくまなく、ふんわりと暖める対流式。


着火と同時に素早くブルーの炎で燃焼するため、
未燃焼ガスの発生が起こりにくいため、燃焼中はもちろん、
点火・消化の際もいやなニオイを感じさせません。


対震自動消火装置は、セットレバーを上げるだけでセットされる
しん降下式です。


内蔵の感震器が敏感に所定の地震動をキャッチするシステムで、
消化が瞬時に行われます。






⇒アラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラックのご購入はこちらから