妊娠を計画している妊活中の方にとって体調を整え

April 09 [Sat], 2016, 4:01
妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸入りのものにすれば、エラーはありません。
ビタミンの一種である葉酸には、赤血球を造ってくれる効果が見込める為、貧血を予防することが出来るでしょう。それに、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって効果が高い、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。



妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。



妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。こうしたお茶の特質は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児に結構嬉しいお茶だという事ですね。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果が見込めると報告されていますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えるかもしれません。



最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」のもつはたらきに注目が集まっています。ビタミンB群(ビタミンB1やビタミンB2などの他に、葉酸やビオチンなど、名前にBがつかないものもあります)に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減され立という報告があるのです。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直あとからの推奨値ですので、受胎直あとから赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や要望している方も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、おとうふや納豆、魚などがあります。
卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素をふくむので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。



全体的にはバランスよく偏らない食事にするのが妊娠にも産後にも有効です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物はダメだので、避けるようにしましょう。
なかなか妊娠できない体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも有効だと考えられます。

精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が乱れていては充分な活動量をもつ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。
妊娠しやすい体つくりは子育ての下準備のようなもの。健康的な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでおなかの中の赤ちゃんに葉酸が働聞かけることで、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。たとえば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いそうなんです。

みなさんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
そのわけは、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。この話は当然、妊活中であっ立としても例外ではありません。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂っ立としても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることはできないのです。

ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けることをお薦めします。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
赤ちゃんがほしいと思い初めてから2年。



基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。

同年代のご夫婦がおこちゃまを連れてる姿を見るたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。検査は夫婦二人ともうけましたが、原因は私の方にありました。

担当医の指導をうけて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。原因が分からないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)による葉酸摂取が良いとされています。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意して下さい。
葉酸を効率よく働かせるためにも、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的なはたらきを促すことが出来るでしょう。

反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、避けた方が無難です。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。


妊娠した後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。


ですが、いろいろな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをおススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:航平
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ar9odinugraos7/index1_0.rdf