LC-H7のリモコン操作のうまい使い方

February 28 [Thu], 2013, 1:18


SHARPのAQUOSシリーズのリモコンは
すべてが同じスタイルのリモコンになっています。
LC-H7シリーズも同様です。

このリモコンのうまい使い方というのは
実際に使った人にしかわからないかもしれません。

すべての液晶テレビ地デジのテレビにいえる
リモコンのいい点はテレビ番組が
見えるという点ではないでしょうか。


しかも液晶テレビで微調整をすることが出来て、
液晶テレビテレビに映るテレビ番組の
文字のサイズを変更したり、

さらに詳細を見ることができるように
なっています。

昔、地デジの宣伝でやっていたような
テレビの大画面をみながら

番組表を並べてみたりすることも出来るのは
大きな利点になりました。


SHARPのAQUOSではさらにリモコンのボタンが
違うものがいくつかあるので
使い慣れてくるととても便利です。

それは番組表のボタンが大きくなっているので
そこからひとつ上、二つ右に
スリープボタンがあります。



一回押すと30分、
2回押すと1時間と決まっているので

暗い部屋で何度か押していくと
手元を見ないでも液晶テレビの電源が
切れる時間を決められます。

⇒ SHARPのAQUOS LC-32H7をもっと詳しく!

それだけではありませんが小さな点で
使いやすくなっているのはSHARPの
AQUOSが長年培ってきた技術なのかもしれませんね。
ポジションをクローズ