拍手お返事

November 11 [Fri], 2016, 19:41
◎19′sの倉の、その他過去作の部分をお尋ねの方。

過去作の『ブログSS』の部分のことですかね。
お題や出張日記SSS、100質と拍手SSのリンクは切れてなかったので。
それらが見れないとしたら環境の問題かな…?
ひとまずPC(Win10、Microsoft Edge)からは見れます。スマホは持ってないので分からない…;

んで、ブログSSですが確認したらブログSSは各所に散ってますね。


Illust部屋の『限定トップ絵』の中
 ・十五夜(ルブフェイ)のおまけブログSS
 ・M・ルブラン誕生日06.12.11のおまけブログSS

皇帝パロ部屋にある『Novel』のほとんど。

Novel部屋のルパン部屋
 ・獄中からの訪問者(+ガニマール)
 ・エスケープ(ルパルブ)
 ・七夕(バーネット×ベシュー)

異聞録部屋にある『七夕』


もしかしたらまだどこかに散ってるかもしれませんが、ザッと確認したところではこんなところですね。
もともとSS用のブログは19世紀部屋のトップ絵のところに当初置いてあって、トップ絵に関連した小話を思いつけば打つ、という使い方がメインだったはず。
そして皇帝シリーズトップ絵を盛んに描いてた頃に盛んにブログSS打ち込んでた記憶あるのでほとんどそれじゃないかな…。

サイトを始めた大学時代の3年間がブログSSを多用してた時期なので、古いものが多いはず。
就職してからはサイトの更新ペースが落ちてブログよりもそのまま小話として載せた方がよくなったので(笑)

ページの最後に『ブログ掲載年月日』と『再掲載年月日』があるものは確実にブログSSから移植してきたもののはずです。
再アップしてないものもあったのかな…とりあえずSS用ブログを利用する機会が減ってとりあえず倉庫のあそこに移動したような。ちょっとその辺もう記憶が(汗)
貧乏根性なので大体の物は加筆して再アップしてるとは思うんですがそこ自信ない。

SS用ブログはサービス終了しちゃったんでデッドリンクになっちゃってるんですよね。すいません管理放置で…これから剥がしに行ってきます。

長くなりましたがいつもご訪問ありがとうございます(^-^)
お返事が遅くなって申し訳ないです。
最終更新が2014年で自分がビックリしてますすみません。
また息抜きにいらしてくだされば幸いです。
拍手ありがとうございましたー!(・∀・)ノシ

ぼくらはゆっくり滅んでゆく

September 20 [Tue], 2016, 22:57
きみと手をつないで
ゆっくり歩いて

きみの手を離して
ゆっくり歩いて

また誰かの手をとって離して

ゆっくりゆっくり
ぼくらはゆっくり 滅んでゆく



ブログをひと月にこんなに書き込むの久しぶりじゃなかろうか。
また反動でぱったり来なくなりそうですが
まあでも忘れたころにちゃんとまた来ますから。

いつまでも死にネタに関する考察がトップなのもなと思って来たのにまた微妙な出だしに。
これまた久しぶりにポエムりました。







期間限定貸しスぺで出店してる古道具屋さんに大量のちぎり絵が積んであったので発掘して好みの物を2点ほど購入してきた。
大小関わらず1枚300円。なんてお手頃な…!!

静物画の方はちぎり絵という分野にしてはモダンな感じが好ましいなぁと思った。
台所に飾った。

椿の方は部屋に。部屋が和室なのでまあ超マッチするよね。

他にもヒマワリとかヨットのある海辺の風景(これは部分的にシミがついちゃってたけど)とかあって発掘のし甲斐がありました。
ハンコを見るにあの山積みの作品のなかに製作者は2人くらい…?いやでも同一人物…?ハンコは2種類だったように思うんだけどなぁ。
仕入れもダン箱でドカンと仕入れたらしく、持ち主が作ってたのかそうじゃないのか分からないらしい。
でもちぎった紙を貼り付ける設計図とか絵の下書きとか資料とかも間に挟まってあったりして。
製作者のトコから直で来た感満載だったんですけどね。神のみぞ知る。

でもいい出会いだった。
これから冬になってこちらは真っ白な季節になるから
冬の間に慰めてくれるような色味が欲しかったのですよ。


☆拍手ありがとうございますv

「おやすみ、明日もよい日を」

September 07 [Wed], 2016, 20:26
呟きの診断で引き当てたんだけど、わりと昔から最近までリパハルの離別はこんなイメージで考えてたのでわーおって感じだった。

一番最近考えてたのは『水杯』でお別れってやつですね。

水杯:みずさかずき
長い旅行や大事を決行するときなど、二度と会えないと思うときに、酒のかわりに水を杯についで飲みかわすこと。
(新選国語辞典 第七版/小学館より)

これ何で知ったんだったかな。それこそ呟きの創作ネタで流れてきたヤツとか、どなたかの作品で見て知ったんだったかな。
まあいいや。

いずれにせよある夜、もちろんそうと意識してやったわけではなくただ単純に

ハルヒ「水飲んでから寝る」
リパ&ジル「(酒の中休み程度な感じで)俺も/ボクもー」
みたいな感じでグラスで飲んで、
ハルヒ「じゃあね」
リパ「おー」
ジル「ハルちゃんじゃーねー!」

みたいな。
このときハイドは居ないイメージでしたねなんとなく。
余談だけどたぶんこのときハイドはジキルの姿を手に入れてそう。サイトのどっかに残ってるかな。ジキルの姿でハイドの髪の色、目の色したあの姿ね。

そしてなんとなくこのメンツは素直におやすみとか言わなさそうな気もしたので今のところじゃあね的な言い回しで想像してる。

描くとしたら漫画かなぁと今のところ思ってるので、この後ハルヒが死んだ描写をどうするかなと考えてるんですけど、最初は真っ黒なページにただ『ハルヒが死んだ』とだけ書こうかなと思ってたんですが最近はそれすらも野暮ったく感じてきて、ただ真っ黒なページが数ページあるだけってのはどうかなって思ってる。
そこから突然もうリパの最期に行ってもいいかなと。
衝撃の描写も、嘆きの描写も要らないかなと。
ただハルヒがいなくなったことだけ分かればいいかなと。
そうなるとコイツらの最初期で描いた氷柱の花嫁できなくなるんでそれはちょい勿体ないかなーとも思うんですけどね(笑)

この子らの話の構成は、リパ(ハル)編→ジルドレ編→ハイド編→黄泉路にて(おまけ的な感じ)てな具合に考えてます今のところ。
リパ(ハル)編てしたのはメインはリパのストーリーだから。
ただこれでいくとハルヒ編が無いので、ハルヒの背景とかストーリーとか一切不明のまま終わるのな(笑)
でもまあそれもありかなとも思ってる。けっきょくアイツなんでここに居て、なんで死んだの?みたいな。

リパはまあ、ハルヒの死が予想外にショックでポカやらかしてくだらないことで捕まって、ハルヒの白昼夢見てそっちに向かってダッシュしてって死ぬ感じだろうけど。
ジルドレがなぁ。コイツも死ぬんだけど、どんな流れで死ぬことになるのかが分からない。
ずっと自殺で考えてたんだけど、『あれっ?』て感じで死んでもいいのかなぁといま思い始めた。
ハイドはリパハルのためにジキルの体を手に入れたのに、二人とも居なくなってしまってもうじゃあ意味もないって感じでジキル邸内めちゃめちゃにして放火して死ぬ感じかな。

『黄泉路にて』はおまけ的に考えてた主にハイドの臨終の夢的な感じかな。
リパハル、ジルドレもいて、襲ってくる亡者っぽいものを蹴散らしながら一本道をひたすら走り続ける。
ふと道のはずれに目をやったハイドの視線の先には忌々し気な顔を半分闇に沈ませたジキルの姿。
憎しみ全開のその視線に、自慢げに笑って返すと再び亡者蹴散らしながら走り出すハイド。

一般的にはそこはどこにもたどり着かず亡者も襲ってくるループ地獄なんだけど、このメンツにとっては襲ってくるものを蹴散らすなんてわけないし、恐怖に怯えるなんてこともないから苦にならない感じ。
永遠に地獄だけど、別にいいって感じ。

現時点ではこんな感じで考えてる。
ただまた何か思いつけばどんどん変わってくだろうけども。