フランス南西部のワイン

April 21 [Sun], 2013, 12:03
フランス南西部のワイン

ピュゼ地区はアルマニャック地区の西に位置し、主にタナ種を用いて濃厚なコクのある赤ワインが生産される地域です。

パシュランデュヴイクビル地区は、地区的にはマディランと重なりますが、このアペラシオンを名乗れるのは中辛口から甘口ろ白ワインとなっています。

ジュラソン地区はピレネー山脈の麓に位置して、主として甘口の白ワインが生産されています。甘口のジュラソンは、ヴィーヴァン倶楽部が輸入元となっています。価格はジュラソン95で3,400円となっています。

イルーレギイ地区は、スペインとの国境沿いにあり、ぶどうは主にタナ種を使用しています。他にもいくつかの地区があり、ヴァラエティーに富んだワインが生産されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ras
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる