プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aqqybiffgoxraq
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
リンクスコースでの戦い / 2010年07月31日(土)
午前スタートだった飯島茜、北田瑠依、上田桃子、横峯さくらの取材を済ませ、メディアセンターに戻ってくると、ロイヤルバークデイルの上空を覆った灰色の雲からザーッと細かい雨が落ちてきた。全英らしい天気と言ってしまえばそれまでだが、一度屋内に入ってしまうと、外に出るのが少し億劫になる天候だ。

全英リコー女子オープン2010特集

メディアセンターのテント屋根を叩く雨音を聞きながら原稿の準備をしていると、午後スタートの宮里藍、宮里美香、有村智恵らが後半に入ってきた。ニット帽をかぶり、カッパを着て、折り畳み傘を持って出陣の決意をする。最初に向かったのは14番パー3。宮里美香のティショットが、ちょうどグリーン右手前のバンカーに捕まっていた。

あご近くに止まった球を出そうとした宮里美香だが、一度目は壁に当たり自分の足場に戻ってしまう。3打目はピンを狙わずにフェアウェイ方向へと戻し、4オン2パットのトリプルボギー。この時点で通算11オーバーとなり、予選通過は絶望的になってしまった。

過酷な全英。そんな事を思いながら2組後の宮里藍を待っていると、その宮里はこの条件の中、13番までになんと一つスコアを伸ばして戻ってきた。14番は2パットのパー。迎えた15番、フェアウェイからの第2打は「グリップが雨で滑った」と右サイドのブッシュに突っ込みアンプレヤブルとしてしまう。だが、そこからの4打目をピンそば3mにつけて何事も無かったかのようなパーセーブ。折れない気持ち、集中力の高さが驚異的だ。

ふと隣の17番に目をやると、ポーラ・クリーマーがティショットを左サイドの小高いマウンドに打ち込んでいた。左足上がりで、球を覗き込むように見ているクリーマーを見ると、ライは相当悪そうだ。ドスンという鈍い音と共に放ったショットは、球は前方へ出たものの、クラブは地面に突き刺さった状態。手術をしたばかりの左手親指は「肩まで痛かった」とクリーマー。「Damn!」と叫ぶと何度も手首を振り、最後はフェアウェイにうずくまって痛みを必死に堪えていた。一瞬目を手で拭い、泣いているような素振りも見せる。続くフェアウェイからの3打目は、ウッドを持ったものの痛みを警戒してかトップしてしまった。

右を見ても左を見ても、皆が懸命に戦っている。このだだっ広い草と土ばかりのリンクスコースが、さながら合戦場のように感じられ、緊張感で背筋が知らずに伸びるのを感じていた。(編集部:今岡涼太)

【7月31日5時5分配信 ゴルフダイジェスト・オンライン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000000-gdo-golf
 
   
Posted at 05:17/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!