もっと託児所を増やすべき

February 12 [Fri], 2016, 13:26
託児所付き求人を探す看護師が仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、不本意な評価をされかねません。
要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネットの求人サービスを利用するのが便利です。



看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには載らない場合も珍しくありません。ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、仕事場のカラーといったこともチェックできます。こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。
現在わが国では、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。
とは言え、看護師国家試験の勉強をして仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。


就労と日本語の勉強と看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。



看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。

試験内容も、学校で勉強しておけば難なく合格できるものですから、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。一般に、看護師に就職するには、ただ、知識や技術だけではなく、「この世界で働くんだ」という強い意思が大事だと思います。



やはり、専門職であるから、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口に困ることもないです。

ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。
看護師の資格を取得するには主に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。



その一方で、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、カリキュラムとして実習がメインであるので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。どのようなやり方だと、希望に近い条件で他の病院に、看護師が転職できるかといえば、専門の斡旋業者に依頼するのが一番の早道で、安心な方法でしょう。
ネット検索を試してみると、多くの転職サイトが出てきますから、そこで情報を入手するのが近道だと考えられます。


同時に、いくつかの看護師転職サイトに登録することもできるので、気軽に始めてみてください。看護士の志望動機に関しては、実際に何をきっかけとして看護師になりたいと思ったのかを交えることによって、印象が良くなります。

転職の際の志望理由は、今までに培ったスキルを活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、前向きな印象を与えるものにするべきです。
以前の職場の不満や悪口はいわないようにすることが重要です。

転職情報サイトの看護roo!で利用できる看護師のみが参加できるコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や看護師の旬な話題がたくさん読めますから、たいへん人気が高くなっています。また、看護師の疑問や質問、それに対する回答もコミュニティ内で知ることができるため、きっと参考になるでしょう。
ツアーや修学旅行等にご一緒し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をする看護師もいます。
既婚者で子供のいる人は土曜日曜の休日があったり、夜勤がないという勤め先を必要としているものです。
病院以外のところで勤務するには、その場面に最適な専門知識を身につけ使いこなすことの出来る認定看護師や専門看護師資格があると、雇われやすくなります。
看護師って医療関係者で堅実な職業と思われていますが、過酷な仕事の割には給与はたいしたことはないです。


婦長クラスならともかく、多数の人は苦労に見合わない額です。
賃金の低さに嫌気がさし辞める看護師もレアケースではありません。

同じ病院に長く勤務していると地位が高くなっていきます。例えば、婦長といったら比較的想像がつきやすい役職ですよね。

でも、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。

昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も多くなっていますので、正看護師も役職的には上の立場に立っているという訳です。

役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

転職の際には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けるべきことが存在します。何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。

志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。



他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。
ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。



看護師として働きたいと思ったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者さんの補佐をする事に、仕事の喜びを感じたためです。私もその昔入院中に、病院で、看護師さんに助けてもらい、これからは私が看護師として、クランケの手助けをしていきたいと決意しています。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においてはなんなく看護師が上回りました。
看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。そのため、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという点も、人気職である所以かもしれません。



ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。首都圏の仕事情報が多いので知名度が高いのが、看護師の転職ウェブサイトである看護roo!ではないでしょうか。取り扱っているお仕事情報の数もとても豊富にあり、その掲載量にたくさんの人が喜んでいます。お仕事情報がたくさんあるということは、それだけ転職をすることができた方もたくさんいるということになります。
皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方もいると思います。そうは言っても、夜勤がなければ、さほど稼ぐことができず、もらえる月給が不十分ということがあります。
それで、独身時代は定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び勤める方も多いです。


交通事故で救急搬送された場合に、医師が気付かなかった私の鎖骨の骨折を指摘して処置を施してくださったのは若い看護師の方でした。

後になって、知りましたが、すごくお若いのに看護師長だったのです。能力評価が正しくされた結果だと感じます。
言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。

勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について感じる事になってしまうでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Akari
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apurzhrpsmcfai/index1_0.rdf