「ソーシャルゲーム大成功」 DeNA、四半期利益倍増 / 2010年05月03日(月)
 「ソーシャルゲームが大成功した」――ディー・エヌ・エー(DeNA)が4月30日に発表した2010年1〜3月期連結決算は、売上高が前年同期比81%増の190億円、営業利益が2.4倍の98億円と急成長した。ソーシャルゲームの急拡大が、売り上げ・利益とも押し上げた。

 10年3月期通期の連結売上高は前期比28%増の481億円、営業利益は34%増の212億円、純利益は43%増の113億円と、それぞれ過去最高を更新。「DeNAはまだまだ成長期。以前とは違うスケールの利益を生み出している」と南場智子社長は自信を深める。

●モバゲー売り上げの7割がソーシャルゲームに

 主力の「モバゲータウン」で09年10月に内製ソーシャルゲームを投入。今年1月からゲームプラットフォームをオープン化し、他社製ゲームも導入した。10年3月末現在、オープンゲーム提供パートナーは59社、タイトル数は148。内製ゲームのmixiアプリへの提供も行っている。

 10〜12月期のソーシャルゲーム売上高(mixiアプリ提供ゲームからの売り上げ含む)は35億円だったが、1〜3月期はその3倍・100億円(mixiアプリからの7億円含む)に急成長。モバゲーの総売上高(10年1〜3月期:139億円)に占めるゲームの割合は約7割まで上昇し、「ソーシャルゲームが売り上げの中心になってきた」

 ソーシャルゲーム投入をきっかけに月間ページビュー(PV)も急拡大。09年9月は175億PVだったが、12月は380億PV、10年3月は616億PVと「日本最大級のPVを短期間で実現した」。PV急拡大を支えた技術者のスキルの高さも同社の自慢だと南場社長は話す。

 低迷していたアバター販売も復調の兆しを見せている。09年10〜12月期のアバター売上高は14億円だったが、10年1〜3月期は18億円に。ソーシャルゲームの成功でアバター利用も活性化し、動きを付けられる新アバター「3Dアバター」の人気に火がつき始めているという。

●「ソーシャルゲームを中心に、積極的に攻める」

 今期(11年3月期)は「ソーシャルゲームを中心に、積極的に攻める年」。既存ゲームをブラッシュアップする一方、新規ゲームも投入していく。ソーシャルゲームメーカーなどをインキュベートするファンドへの25億円の出資も発表した。

 「mixiモバイル」へのゲーム提供も強化。Facebookなどほかのプラットフォームへのゲーム提供も行う予定だ。英語圏と中国を中心に、ソーシャルゲームプラットフォームの構築も目指す。

 ヤフーと提携して構築するPCサイト「Yahoo!モバゲー」や、NTTドコモとの合弁新会社でスタートするモバイルECサイト「E★エブリスタ」など新規事業にも力を入れる。

 4〜6月期の連結業績予想は、売上高が前年同期比2.6倍の230億円、営業利益が3.5倍の110億円。「ソーシャルゲーム関連市場の予測が難しい」として通期の見通しは公表していない。【岡田有花】 4月30日19時49分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000043-zdn_n-sci
 
   
Posted at 23:57/ この記事のURL
【パンクラス】5・3付け最新ランキング。桜庭弟子に勝利したGRABAKA・内山がフェザー級3位に / 2010年05月03日(月)
 5月3日(月・祝)付けでパンクラスより最新ランキングが発表された。キング・オブ・パンクラス実行委員会は、4月29日(木・祝)ディファ有明大会の試合結果と内容その他をふまえ、最新ランキングを決定した。なお、ミドル級、ウェルター級、フェザー級に変更が生じている。詳細は以下の通り。

【無差別級】
※変動なし。
第10代 無差別級キング・オブ・パンクラシスト:ジョシュ・バーネット(フリー)

【ヘビー級/93.0kg〜120.2kg未満】
※変動なし。
第2代ヘビー級キング・オブ・パンクラシスト:空位

【ライトヘビー級/83.9kg〜93.0kg未満】
※変動なし
第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト:川村 亮(パンクラスism)
1位:井上俊介

【ミドル級/77.1kg〜83.9kg未満】
※金井との王座統一戦に勝利した近藤が第9代王者に。
第9代ミドル級キング・オブ・パンクラシスト:近藤有己(パンクラスism)
1位:↓金井一朗(パンクラスism)
2位:↓竹内 出(SKアブソリュート)
3位:↓久松勇二

【ウェルター級/70.3kg〜77.1kg未満】
※王座返上した和田がランク外へ。
第4代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト:空位
1位:宇良健吾
2位:鈴木槙吾(ALLIANCE)
3位:枝折優士
4位:KEI山宮(GRABAKA)
5位:佐藤豪則
6位:ストラッサー起一

【ライト級/65.8kg〜70.3kg未満】
※変動なし
第3代ライト級キング・オブ・パンクラシスト:真騎士(ベネズエラ/戦極育成選手)
1位:大石幸史(パンクラスism)
2位:井上克也(和術慧舟會RJW)
3位:北岡悟(パンクラスism)
4位:ISAO(坂口道場)
5位:花澤大介13(総合格闘技道場コブラ会)
6位:岩見谷智義

【フェザー級/61.2kg〜65.8kg未満】
※高橋に勝利した内山がランクイン。
初代フェザー級キング・オブ・パンクラシスト:マルロン・サンドロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
1位:鹿又智成(パラエストラ八王子)
2位:アライケンジ(パンクラスism)
3位:↑内山重行(GRABAKAジム)

【バンタム級/56.7kg〜61.2kg未満】
※変動なし。
初代バンタム級キング・オブ・パンクラシスト:井上 学(U.W.F.スネークピットジャパン)
1位:川原誠也(パンクラスP’sLAB横浜)
2位:赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)

【フライ級/56.7kg未満】
※変動なし
第2代フライ級キング・オブ・パンクラシスト:清水清隆(SKアブソリュート)
1位:廣瀬勲(ストライプル)
2位:砂辺光久(フリー)
3位:江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會)
4位:石井拓麻(ALLIANCE) 5月3日22時49分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000017-gbr-fight
 
   
Posted at 23:55/ この記事のURL
【MotoGP 日本GP】チケット払い戻し後、再発売 / 2010年05月03日(月)
アイスランド火山噴火の影響による航空便欠航で開催延期を決定した「2010 MotoGP 世界選手権シリーズ第2戦 日本グランプリ」のチケット払い戻し受付期間が、5月14日までとなった。期間中に手続きを完了しないと払い戻し不能となる。

[関連写真]

日本グランプリの新しい開催日は、10月1日から3日。払い戻しはこの変更日での払い戻しを希望するチケット購入者が対象だ。主催の「モビリティランド」は、この払い戻し終了後の6月19日から、新しい開催日のチケット販売再開を予定している。払い戻しをしない場合は、同じ条件で新しい開催日に使える。

購入したチケットの窓口によって、払い戻し手続きの方法が違う。

ツインリンクもてぎや東京モーターサイクルショーなどのイベント会場での購入は、ツインリンクもてぎのウェブサイトから「払戻し請求書」をダウンロード。必要事項を記入し、チケットを同封してツインリンクもてぎチケットセンター宛に着払いで送る。

コンビニ購入の場合は、購入した店頭で払い戻しを請求する。購入した店頭以外では受け付けない場合があるので注意が必要だ。コンビニ以外の窓口で購入の場合も、購入した窓口が対応する。

《レスポンス 中島みなみ》

【5月3日21時55分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000006-rps-moto
 
   
Posted at 23:52/ この記事のURL
【華流】わいせつ写真に極秘婚…お騒がせTWINS、年内解散か / 2010年05月03日(月)
 4月16−18日、ファン待望の復活コンサートを成功に終えたTWINS。今後の活動についてマネージャーが、「映画『千機変3』で2人は共演しますが、そのほかの仕事は個人活動。必ず一緒に行動する必要はない、と判断しています」とコメント。香港メディアは、「ついに解散の時がやってきた」と報道した。

 メディアの調べによると、メンバーの蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)と鐘欣桐(ジリアン・チョン)は現事務所と長期契約を交わしているが、TWINSとしてのユニット活動は契約満了を迎えるとのこと。「個人契約は続いているので、TWINSについてはこれから検討」とマネージャーは語っている。

 「2人は性格や見た目、タレントとしてのイメージも全て異なる。共演できる作品を見つけることが難しいので、しばらく個人活動を続けてもらう。シャーリーンは映画とドラマの撮影が控えており、ジリアンは主演映画『前度』が各映画祭へ出品予定。他にもCM4本とドラマの撮影がある」とマネージャーは説明。TWINSとしての予定はなく、自然解散となる可能性がありそうだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

【5月3日19時6分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000021-scn-ent
 
   
Posted at 23:49/ この記事のURL
『IRON MAN2』アイデアコンテストを実施 / 2010年05月03日(月)
アウディの米国法人、アウディオブアメリカは27日、「トニー・スターク・イノベーション・チャレンジ」の概要を明らかにした。映画、『IRON MAN2』(アイアンマン2)公開に合わせたアイデアコンテストだ。

[関連写真]

『IRON MAN』は2008年5月に公開。ロバート・ダウニー・Jrが演じる主人公、トニー・スタークが鋼鉄の仮面をまとい、自らが開発した最新兵器を撲滅するべく戦うというストーリーだ。

その第2作『IRON MAN2』が26日、米ロサンゼルスでワールドプレミア。アウディはフラッグシップスポーツ『R8』のオープン版、『R8 V10スパイダー』(日本名:『R8スパイダー』)をトニー・スタークの愛車として提供するなど、映画に全面的に協力している。

アウディオブアメリカは、5月7日の映画公開を前にした今回、トニー・スターク・イノベーション・チャレンジを行うと発表。18歳以上の米国在住者で、「Facebook」や「Twitter」などソーシャルメディアの会員であれば、誰でも参加可能だ。

参加者は、画期的技術を使った生活向上アイデアを、2分間の動画にまとめて応募。そのアイデアはソーシャルメディア上で公開され、閲覧者の人気投票によって、上位数作品に絞り込まれる。その後、各方面のエキスパートによる審査を行い6月28日、最優秀作品を決定する。

最優秀作品には、賞金として1万5000ドル(約140万円)を贈呈。さらに、カリフォルニアの3泊4日ツアーに招待され、サンタモニカのアウディデザインセンターの見学や、サーキットでのR8のテストドライブ、水陸両用車への同乗試乗などが楽しめる。

アウディオブアメリカのマーケティング責任者、Scott Keogh氏は、「トニー・スタークも驚くような実現可能なアイデアを送ってほしい」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

【4月28日17時51分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000030-rps-movi
 
   
Posted at 23:46/ この記事のURL
EU、ギリシャ債務不安で格付け会社を批判 / 2010年05月03日(月)
 欧州連合(EU)が、ギリシャなど債務不安に陥っている国の状況を悪化させていると格付け会社への強い批判を表明した。

 スタンダード&プアーズ(S&P)は28日には、スペインの格付けを1段階引き下げて「AA」とした。同社がギリシャの格付けを「投機的」とするなど、格付け会社各社がギリシャやポルトガルの格付けを相次いで引き下げたことから、世界の金融市場は混乱し ている。

 EUの執行機関である欧州委員会の広報担当者は28日の記者会見で、「格付け会社は責任ある厳格な行動をとるものと期待している」と強調、国際通貨基金(IMF)とユーロ圏を中心とするEUが共同でギリシャ救済策を取りまとめていることを考慮するよう要請した。 

 ギリシャの格下げは、IMFとEUの共同支援が実施されたとしても、債務再編は避けられないとの見方を反映している。S&Pは、ギリシャが債務再編となれば、同国債を保有する投資家は50~70%の損失を被ると予想している。仏金融大手ナティクシスのエコノミスト、シルバーン・ブロヤー氏は、格付け会社の動きはギリシャ国債相場の急落を受けたものだが、それが再び国債相場の下落を誘っているとし、「ギリシャ国債はここ数日間悪循環に陥っている」と述べる。

 S&Pのマーティン・ウィン氏は、格下げ発表のタイミングについて、社内の格付け委員会が決定を下せば情報漏れを避けるため遅滞なく行っていると説明、恣意をはさむ余地はないと強調している。また、もし格付けの変更が市場に影響を及ぼしたとしたら、投資家が、その情報を信頼に足ると判断したからだと述べた。

 格付け会社は金融危機の際、複雑な仕組み債のリスクを認識できていなかったなどとして批判された。また危機の最中に遅まきながら格付けを下げたことでさらに危機に油を注いだとして叩かれた。

【4月30日9時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000005-wsj-bus_all
 
   
Posted at 23:44/ この記事のURL
アキバ系イベントでコスプレ撮影会…痛車も登場! / 2010年05月03日(月)
3日、東京有明にある東京国際展示場ビッグサイトで、アニメのキャラなどに扮装するコスプレイベント「ビッグコスプレ博」が開催され、多数のコスプレイヤーが参加、撮影会場には痛車も登場した。

「会場のようすですの!」

ビッグコスプレ博は、「アキバ系」キャラクターコンテンツ関連企業が出展する展示会「DreamParty」と併催されたもので、会場にはお気に入りのキャラに扮装するコスプレイヤーや、それを撮影するためにカメラを手にする人たちが大勢集まった。

「DreameParty」全体としては男性の比率が高いイベントというが、このコスプレ会場では女性の比率が高いというのも特徴といえる。集団の女性がメイクスペースでキャラ作りに励む姿がとても印象的で、互いのキャラの完成度を見せ合って楽しむといったイベントでもあるようだ。

そんなコスプレ会場の中心には痛車が展示されていて、前回は会場の端に展示されていたが参加者から好評ということで、今回は会場の中心に場所が移された。痛車をバックに撮影するコスプレイヤーも現れ、雰囲気作りに一役買っていたようだ。

《レスポンス 椿山和雄》

【5月3日19時30分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000005-rps-bus_all
 
   
Posted at 23:41/ この記事のURL
完成車メーカーの4月販売、前年同月比39.1%増 / 2010年05月03日(月)
【ソウル3日聯合ニュース】自動車業界が3日に明らかにしたところによると、現代自動車、起亜自動車、GM大宇、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の国内完成車メーカー5社は先月、国内外市場で前年同月比39.1%増の58万2009台を販売した。国内販売台数は30.9%増の12万2862台、輸出台数は41.4%増の45万9147台を記録した。
 全般的に新車の売れ行きが好調だった上、各社の代表モデルが国内外で人気を集めたことが販売台数の増加につながった。
 しかし、前月比では、国内外販売台数は0.8%、国内販売は0.3%、輸出台数は0.9%、それぞれ減少した。これは、昨年末から相次いだ新車発売の効果が徐々に薄れるとの見通しを裏付けるものと分析される。
 メーカー別にみると、現代自動車は国内で5万5339台、海外で25万5057台の合計31万396台を販売した。販売台数は2か月連続で30万台を超えた。国内販売は前年同月比16.9%、輸出は30.1%増え、全体では27.6%の伸びとなった。前月比では、国内販売は6.6%、輸出は2.0%、全体では2.9%、それぞれ減少した。
 起亜自動車は国内で3万8513台、海外で13万6067台の合計17万4580台を販売した。国内販売は「ソレントR」「スポーテージR」「K7」など新車の販売が好調だったため前年同月に比べ32.8%増加し、輸出も53.8%増え、全体では48.6%伸びた。
 GM大宇は国内販売と輸出がいずれも4か月連続増加した。国内で1万893台、海外で5万5110台を販売した。全体では前年同月比51.0%増、前月比5.4%増となった。
 ルノーサムスン自動車は国内1万5471台、輸出8512台の合計2万3983台を販売した。
 双竜自動車は国内販売と輸出を合わせ7047台を販売した。企業回生手続き(法定管理)を申請した昨年1月以降初めて月間販売実績が7000台を超えた。
japanese@yna.co.kr 5月3日22時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000024-yonh-kr
 
   
Posted at 23:39/ この記事のURL
黄金町のカフェ「Lcamp」に期間限定おでん屋「ノガンのおでん」 /神奈川 / 2010年05月03日(月)
 横浜を拠点に活動するクリエイティブデュオ「NOGAN(ノガン)」は5月1日、黄金町のカフェ「Lcamp」(横浜市中区初音町1)に土曜日限定のおでん屋「NOGANのおでん」を開店した。(ヨコハマ経済新聞)

 ノガンは、横浜市在住で東京造形大学出身の茂木隆宏さんと浅野宏治さんによる企画・デザインのユニットで、今年4月に活動を開始。これまで「36.7℃」という名称で、BankART studio NYKや北仲WHITEなどで活動してきた。

 おでん屋は、これまで同ユニットが取り組んできた、物づくりや建築から、それらが集まった「街」へと視野を広げ、地場産の食材を用いた「おでん」をコミュニケーションツールとし、地元の良さや特色を多くの人に発信していくことが狙い。

 カフェ「Lcamp」は、2009年2月より黄金町で活動している小田桐奨さんと中嶋哲矢によるカフェユニット「L PACK」による、コーヒーを媒体とした人との出会いやコミュニケーションの拠点。アートによる街の活性化に取り組む「黄金町エリアマネジメントセンター」が運営するスタジオ「初音スタジオ」内にある。現在、長野県松本市で創作活動を行っており、1日店長を募集。応募したノガンが5月の土曜日におでん屋を開店することとなった。

 10cmほど厚みのある大根や、野毛千歳屋の豆腐、近くの農家でとれた有機野菜など横浜の食材を使用したおでんメニューはすべて1品100円。農家の人から料理のアドバイスをもらったほか、2人の故郷の群馬や香川のおでん文化を参考にしてレシピをつくったという。横浜で採れたハチミツを使ったビール「ハッチー」や横浜開港当時の味を再現したビール「ペルリ」、高知の日本酒、北海道の焼酎のほかカクテルや果実酒などの飲み物は500円で提供している。

 ノガンの茂木さんは「仕事では顔を会わさずにインターネットのコミュニケーションで済んでしまうことも多いが、この企画ではリアルに人が対面する『ライブ感』を体験できる場を作ってみたかった」と話している。
 
 また、浅野さんは「料理の素材集めや魅力的な見せ方づくり、段取りなどの作業は、企画・デザインの仕事と通じるものがあると考えています。今回のおでん屋の営業もまちづくりも基本的なところで通じていると思うのです」と話す。

 営業は、5月の毎週土曜日、営業時間は11時〜22時。

【5月3日19時46分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000018-minkei-l14
 
   
Posted at 23:36/ この記事のURL
Windows 7の互換性問題を解消するWindows XP Mode / 2010年05月03日(月)
 多くのITマネジャーは、古いデスクトップOSと関連ハードウェアをサポートせざるを得ない。新しいOSは予算の制約からなかなか導入できないことがあるが、古いOSは大抵、業務アプリケーションが古いOSとハードウェアの上でしか動作しないという理由で、長期にわたって利用される。

 Windows 7の新機能「Windows XP Mode」(以下、XPM)は、Windows XP(以下、XP)をエミュレートすることで、Windows 7における古いアプリケーションの互換性の問題を解消する。

 Windowsにはかねて互換性の問題がつきまとっており、そのためにWindowsのアップグレードは企業にとって悩みの種となっている。XPに対応するアプリケーションの多くは、後継OSのWindows Vista(以下、Vista)と互換性がない。最新のWindows 7にも互換性の問題は残っている。

 Vistaと互換性がないXPアプリケーションを使っている企業が、XPからVistaと対応ハードウェアに移行したい場合、ITマネジャーの選択肢は以下のようにわずかしかない。

・Vistaで動作するようにレガシーアプリケーションを作り直す
・仮想デスクトップインフラ(VDI)を導入し、Vista上でXPをエミュレートするセッションを提供する

 どちらの選択肢も多大なコストが掛かるため、正当化するのは困難だ。

 しかし、アップグレードしないと、さまざまな問題を抱えることになる。新しいシステムに移行しなければ、IT部門は最新の高度な機能性、例えば省電力機能、リモート管理、64ビット対応、強化されたセキュリティ、改善されたパフォーマンス、向上した信頼性などを享受できない。しかも、古いハードウェアは新しいものよりも故障率が高い。これらのことから、レガシーOSのサポートは高くついてしまう。

 だがWindows 7では、高いコストが掛かる妥協や限られた選択肢を受け入れずに済みそうだ。XPMにより、Window 7はXPをエミュレートし、XPにしか互換性がないアプリケーションを動かせる。このため、ITマネジャーは、登場後10年近くたつOSと、同様に老朽化したハードウェアを一掃できる。

●Windows XP Modeとは

 XPMは、Windows 7搭載PC上に仮想PCを作成するアプリケーションであるWindows Virtual PCと連係して機能する。

 XPMは完全な仮想マシンパッケージであり、ライセンス付きのXP SP3がゲストOSとしてプリインストールされている。Windows 7環境では、XP上で動作させなければならないアプリケーションは、XPMの仮想セッションの中でインストールする。これらのアプリケーションをPCのスタートメニューから実行すると、XPMが自動的に起動し、プリインストールされたコンポーネントを使ってこれらのアプリケーションを、Windows 7上で動作しているかのように表示する。

 だが、これらのアプリケーションは実際には、XP上で動作する。これにより、XPを必要とする古いアプリケーションのソフトウェア互換性の問題が解決される。XPMを使うことで、ITマネジャーは新しいWindows 7搭載PCを導入し、同OSの機能を必要とする新しいアプリケーションをサポートする一方で、XPでしか動作しない業務アプリケーションへのアクセスを引き続き提供できる。

 さらに、XPMはXPソフトウェア環境を模倣するだけでなく、XPで使われる一般的なハードウェアを再現する。XPMが作成する仮想PCがエミュレートするPCのハードウェア構成は、Intel Pentium II(32ビット)プロセッサ、Intel 440BXチップセット、標準的なSVGA VESAグラフィックスカード(VRAMが4MバイトのS3 Trio 32 PCI)、AMI System BIOS、Creative Labs Sound Blaster 16 ISA PnP、DEC 21041イーサネットネットワークカードだ。

 XPMは、仮想ハードウェアとXPの仮想バージョンを組み合わせ、XPベースのビジネスアプリケーションとの高度な互換性を実現する。XPMにより、完全なアプリケーション互換性が提供され、アプリケーションはすべての機能がサポートされ、物理的なXP搭載PC上と同じように安定して動作する。

 適切に導入されれば、XPMはまったく表に現れず、エンドユーザーはその存在に気付かない。Windows 7ユーザーが意識するのは、XP環境でいつもそうだったように、業務アプリケーションがすぐに使えるということだけだ。 5月3日0時10分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000001-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 23:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!