泣き言 

2007年03月30日(金) 0時27分
前回キャスト解説をしたら、案の定とある方からつっこまれました。何故今更?と。

まぁ一応メンバー紹介終わってなかったし、話についていけなかった人もいるかもとか思ったし。。。

それになにより中途半端に終わるの嫌じゃないですか。

何かビシッとしめたいじゃないですか。

誰か僕に智恵知恵をください。

謝罪そして…。 

2007年03月28日(水) 23時24分
最後の記事アップにメンバー全員の公演後コメントを載せようと思ったのですが…一向に集まらず。

毎日チェックしてくれてる方ホント申し訳ありませんm(__)m

アクセス数を見て心が痛みました。



しかし妄想力想像力に乏しい田原君には打開策を見つけることができず…。

仕方ないのでメンバー紹介フルバージョン&解説付きで許して下さい。













<きゃすと>

ちゅんば/藤本佳孝
※岸和田に住む中学三年生。年中喧嘩ばかりしていた不良。
しかし実は母親思いの優しい男。
高校にあがり、クラスメートをボコに。しかしその兄貴から仕返しをされてボコボコに。
七回ほど裁判所に行くが、その度母親の嘘の話で助けられる。
八回目の裁判所。母は来ないようだ。果たしてちゅんばの行方は。彼は母を待っていた。ずっと。ずっと。



りょうこ/門脇裕美
※ちゅんばの彼女。いつも喧嘩で怪我をしてくるちゅんばの世話をやいたりしている。女として、頭のきれる部分もあるが、自分の気持ちを素直に出せない不器用なところも。



小鉄/舘野一宏
※ちゅんばの親友。高校も一緒で、何かあれば必ずちゅんばとつるんでいる。ちゅんばとりょうこの為にキャロルのチケットを手に入れてきたりと、友達思いのいいヤツ。


がいら/林田泰行
※ちゅんば、小鉄の友達。中学を卒業すると組に入り、やくざになるが、警察に捕まってしまう。下ネタ好き。


さんだ/森新太郎
がいらの兄。頭が良く、東京の大学を目指している。弟の喧嘩に巻き込まれてベッコベコにされたり、タバスコを塗りたくったサルビアを吸って痔になったりと、貧乏くじをひくのがうまい。

さい/平川貴大
ちゅんば達の友達だが、鑑別所から出てきては戻るという「鑑別所通い」の生活を送っていた。
がいらと同じく高校へは行かず、神戸でやくざになる。
生活の相性からか、がいらとはよく衝突するが実は、がいらの悪口を言った組の兄貴を殴り倒すほどの友情を持っている。
神戸に居られなくなった彼は九州へ旅立つ。


さだ/隈元恭介
※ちゅんば達と敵対する不良グループの頭格。縛り付けて石を投げつけたりと、楽しみながら痛めつけるのが好き。
アール・カポネに憧れて葉巻を吸ったりする意外とミーハーな部分も。
ちゅんばとは最終的に敵というより悪友のような関係になる。



ちゅんばのおかん/三宅麻由
※いつもちゅんばのことを気にかけている心優しい母親。息子から疎まれることもあるが、それでも構わず世話をやく。
作り話で裁判所の人を言いくるめるほどの口上手。



お好み焼き屋のおばん/高松詩穗理
※ちゅんば、小鉄、がいらがよく行っていたお好み焼き屋の店主。
小鉄と仲が良く、ちょくちょく会話に割って入っては二人でクスクス笑っている。
お好み焼きを焼くときにかなりパフォーマンス要素が入る。



さだの彼女/和木かおり
※さだにくっついていたり、ちゅんばを見つけたらさだに教えたりするアフロ女。
結婚を迫るほどさだを愛しているのかと思えば、ちゅんばにボコにしたさだを見るやいなや、ちゅんばに求愛するほど心移りが激しい。



薫ちゃん、光ちゃん/今本康生
※薫…岸和田の乳酸菌的ポジション。機動隊十人を束でしばいたり、やくざをパシリに使ったりして、かなりやりたい放題な男。
コーラとファンタの違いがイマイチわかっていない。
光…ちゅんばたちが通っていた中学の教師でありサッカー部顧問。薫の弟。
サルビアを吸って気絶したさんだを担ぎ、救急車を呼んだりする。



ゴリ兄弟/田原雄一郎
※ハワイアンゴリラ…ちゅんば達の高校で、入学初日から学級を支配するほどの不良。しかしちゅんばの鉄板カバンで殴られ倒される。
その後、頭がイカレてしまい南極観測隊を目指す。
ダイナマイトゴリラ…通称「ダイナマイトの薫」。ハワイアンゴリラの兄。
ちゅんば達に仕返しするため、子分と共にボコリに行く。
一度は叩きのめすが、その後、不意をつかれて逆にやられる。
カーボンシャフトのドライバーを十万と言い切るツワモノ。



ちゅんばの父/菅原賢太郎
リボンの騎士や明日のジョーなど、常に漫画を読んでいる。
「うゅんうゅん」って言う。



ちゅんばの祖父/遠川ヒロキ
父と同じく「うゅんうゅん」って言う。













ちなみにこの解説は舞台版なので、映画、小説の岸和田とは違うことをご了承ください。

以上でメンバー紹介キャスト編を終わります。

次はスタッフ紹介ですが、とりあえず今日はここまで。

期待せずお待ちください。

告知 

2007年03月05日(月) 9時44分
近日中に最後の記事をアップすると書きましたが、やり残していることがあったのでまだ更新します!

※これが最後の記事ということではありません。

APTと同じ、広大のサークル「広大演劇団」の公演案内です。岸和田の公演に御来場下さった方には挟み込みチラシに無料招待券がついていますので、是非御来場下さい!



広島大学演劇団 15卒業公演
  『月待つ夜に』
演出:野原浩史  脚本:竹中さやか 

■日時:
2007年3月9日(金)18:30〜
    10日(土)14:00〜
        18:00〜
    11日(日)14:00〜
※開場は開演の30分前

■場所:
広島大学西条キャンパス 文化サークル棟 音楽練習室1
※JR西条駅より広島大学行きバス「大学会館前」下車、徒歩3分
大学会館隣 文化サークル棟内

■カンパ料:100円

■あらすじ:
どんなに暗い夜だって
月は必ず、そこにある―――

時は幕末。
東京がまだ江戸だった、
血生臭い風の頃・・・――――
ある月の無い春の夜、
京を逃げるふたりが出会う。

少し早い春の縁。
やさしい月の蒼の中、
お送りするはそっと静かな時代劇。
死と生と、守ることの物語・・・。

■キャスト:
  濱本一興   柴田裕美
  竹中さやか  三根侑己
  隈元恭介   小林達矢
  平川貴大   他





岸和田に出演されていた、さだ役の隈元さん・さい役の平川さんも出演されます!

お時間に都合のつく方はこちらにも是非足をお運び下さい!

byゴリラ兄弟

公演終了! 

2007年03月04日(日) 7時24分
皆様の御愛顧のおかげで、劇団APT「岸和田少年愚連隊」公演も無事終了いたしました!

えー…公演も終了したので、この先記事をアップするのは無いかと思われます。
しかし、私、田原雄一郎は考えました!
内容はまだ秘密ですが、近日中に最後の記事をアップしたいと思います。

では、皆様本当に有り難うございました!

公演後 

2007年03月02日(金) 23時58分
けいすけ屋の天津丼(大盛り)

岸和田の公演も3日目を終え、明日の千秋楽を残すだけとなりました。

光陰矢の如しですな。

明日が千秋楽ということは、やはりバラシも明日あるということで、けいすけ屋にてバラシ会議

この店はAPT内では知らない人はいないほどの所ですが、意外や意外、たはら君は初めてだとか

たはら君はメニューを見るやいなや

「うわ…普通のメニューが無い…」

と、軽く溜息をついたとかつかなかったとか

ホタテのゴマクリーム丼とか鳥肌がたちそうですよ



まぁそんなこんなで明日で公演も終わります

まだ観ていない方は是非御来場下さい!

田原

二回目 

2007年03月01日(木) 22時22分
本日も岸和田少年愚連隊の公演が無事終了いたしました。

御来場下さった方々有り難うございます。



今回の公演は昨日までとは少し違いました。

何が違うかというと(ネタバレの可能性有りなので詳しくは書けませんが)客席の方々に飴を配ったことです!

何故配ったのか…それは俺にもわかりません(笑)

美味しかったのでしょうか?

それすらわかりません(また笑)





まだ公演は2回残っています。

飴がまた配られるかは疑問ですが、時間に都合のつく方は是非御来場下さい。15公演の無料招待券ももれなくついてきます!

初日 

2007年02月28日(水) 21時02分
本日2月28日、岸和田少年愚連隊の初日公演が終わりました。



御来場下さった皆様まことに有り難うございました。

舞台裏では色々とハプニングがあったりしましたが、何とか終えることができました。

なお、明日3月1日から3日までも公演を行っておりますので、ご都合のつく方は是非いらして下さい。

アドリブなどが多々加わるため公演ごとに芝居が微妙に変わります。それを比較して観るのも面白いかと思います。

また、アンケートを書いて下さった方々、有り難うございます。メッセージや指摘を明日からの公演の糧にしていきたいと思います。







そして明日以降に御来場下さるお客様。

キャストスタッフ一同、今日と同じく全力を尽くしていきます。お帰りの際には必ず満足していただけるかと思います。期待して七福会館までいらして下さい!



たはら

ゲネぷろっ! 

2007年02月28日(水) 8時51分
仕込み三日目兼ゲネの27日。

また朝から七福会館に篭って作業やきっかけ確認、そして稽古。

余談だが一年前まで高校演劇をしていたたはら君は「やっぱこういう空気は高校には無いから新鮮だな〜」と公演の度に思うらしい。

そんなこんなで夜になりゲネ開始!ぶっちゃけ初めての通しです。

余談だか一年前まで高校演劇をしていたたはら君は「ゲネが初めての通しってのも高校には無かったな〜」とやはり新鮮に思うらしい。

流れが止まることは無かった(と思う。。。自分のことで手一杯だったからよくわからぬが)し、芝居として形作られていたので自分でもびっくりですと、たはら君は語る

そして本日28日から4日間4公演が始まります。

お時間に余裕のある方は是非とも御来場下さいませ!

Whitten by TAHARA

仕込み二日目 

2007年02月27日(火) 8時21分
仕込みも二日目に入り、公演に向けて緊張感やら何やらが漂っています。

きっかけ合わせやシーンづくりも無事終わり、あとはゲネを残すのみ!みたいな感じだと思います。

でも実際そんなうまい具合にいくわけがなく、舞台の大きさや大道具の関係で、動きの確認をしないといけなかったり。。。

色々とやることは残っていますが、三日目でやりきれることでしょう!

仕込み一日目 

2007年02月26日(月) 0時15分
七福会館にて



28日からの公演に向け、いよいよ仕込みが始まりました!

パンチを敷き平台を組みパネルを立てて照明を合わせて………

朝から夜までずっと七福会館に篭りっぱなしです。

とにかくメンバー総動員で、外では大道具作業。中ではパネル組み。みたいな感じでずっと続けていました。

朝は普通の会館だったのが、夕方辺りから舞台として変化してきて皆のテンションも急上昇↑↑↑

夜にはほぼ完璧に舞台になっていました!

二日目は音響照明合わせです!

オペをして下さる方々宜しくお願い致しますm(__)m
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:劇団APT
読者になる
劇団APTお久しぶり公演
『岸和田少年愚連隊』

脚色:森新太郎
演出:菅原賢太郎


日時
2/28…17時開演
3/1…17時開演
3/2…17時開演
3/3…13時開演

※開場は開演の30分前

場所
七福会館

※西条駅より広大行きバスに乗り、広大北口下車徒歩三分

前売:300円
当日:500円
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» 泣き言 (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 泣き言 (2009年05月12日)
アイコン画像パチン-コ最高ーーー!!!
» 泣き言 (2009年05月07日)
アイコン画像をとこ
» 泣き言 (2008年10月04日)
アイコン画像よしと
» 泣き言 (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 泣き言 (2008年09月27日)
アイコン画像50t
» 泣き言 (2008年09月25日)
アイコン画像ちちち
» 泣き言 (2008年09月23日)
アイコン画像綿部
» 仕込み一日目 (2007年03月01日)
アイコン画像綿
» 仕込み一日目 (2007年03月01日)
Yapme!一覧
読者になる