わたしの頭の中の消しゴム 

2005年11月02日(水) 20時06分
本日は映画を見てまいりましたー。レディースデイなのでね。
本当は終わりかけのチョコレート工場を見に行こうと思ったのだけれども、駅から離れているのでちょっと億劫だったため、わたしの頭の中の消しゴムを見に行きました。

韓国映画がとてもよくできてるって有名なのは耳にはさんだことはあったけれども、あたしは結局韓国映画はこれが初めてだったかもしれぬ……。

正直言って、あたしは見てもいない韓国映画にちょっとびくびくしていたよ! 母が見ているドラマのありきたりな話に正直うんざりしていたしね。

でも、ほんと、よかったです。

予想はしていたけれども、ハンカチ忘れてやばかった。
同じ話をアメリカでやられても、ここまで情緒的にはならないんじゃないかな。
日本でやってもここまで作りこまれなかっただろうし。

国がお金出してるんだっけ? 韓国の映画業界って。

恋愛のエロティックさとか、ユーモアとかもあって、その上すごく感性を刺激されて……。
あー、韓国映画って本当によかったんだー。と納得しました。

一人で行ってよかったです……。もう涙が止まらなくて、帰り帽子被っててよかったと思った。はずかしくて街歩けないよ(笑)こんなに映画見て泣いたのははじめてかもしれん……。

しかも最後のテロップになっても、涙が止まらないのびっくりしちゃった。
主人公の人可愛かった〜。そして相手役の男の人、日本人かと思った…。あたし韓国人をかんちがいしていたわ。白状する。

めちゃくちゃ萌えた!!

わかりやすいですね…… 

2005年11月01日(火) 23時39分
一体何ヶ月書いてなかったのでしょうか……。

しかも、サクラ大戦Vやり出したころには、ますます遠ざかっていたあたしです。
すみません! 別ブログで昴萌えを叫んでおりましたとさ!!

もしそっちで私を発見しててうっかりこっちを踏んじゃったっていう人は、こっそり教えてください(笑)
とにかく昴さんがあついです! どれだけ熱いかっていうとHP作っちゃうくらい熱いです。

今日は舞台を見てきました。

感想から言うと……とってもよかったです。知り合いのあれでいったんでまったく期待してなかったので、とても嬉しいです。感動してないちゃったよ…。

楽日はもっといいんじゃないかな。

舞台を見るたびにあたしも始動したくなります……。くっ、このへなちょこめ!!

そうかな 

2005年07月10日(日) 1時12分
関連エントリ
明日
LIFE-SIZE2003
ゲット〜


小田和正さんのニュウアルバム!!
今日、友だちに出てるやつを見せてもらいました!知らなかったよ〜!!!

「明日」が入ってるなんて〜! 話題についていけてなかったよ〜。
アルバムに入ってるだなんて、ちょー嬉しい!!

げへへ。これでカラオケでも歌えるでしょうるるる〜。

そうかな[小田和正]@amazon

人生いろいろ 

2005年06月18日(土) 1時46分
私は、人にいろいろと言われるのが嫌いなようです。
何か、ちょっと言われただけで基本的にむかっって来ます。

ようは、自分の好きに生きていきたいってことですね。
でも、誰しもそう思ってると思うけど、まあ、それが顕著に現れてるってわけだ。

だからといって、自分の好きなように生きてたら、友だちなくすのです。
なぜかっていうと、自分の好きなように生きてると、人に迷惑をかけることが大いに考えられるから。ようは自分の好きに生きていくのは不可能ってこと。

一人じゃ生きられないからね

人に迷惑をなぜかけるかって言うと、それは一人一人、考え方が違うから、自分の好きなことをやってると、その考え方が違う人がむかっって来るからだよね。

ってことは、人に迷惑をかけること=常識をしらないっていうことの常識ってのは、人によって違うわけなんだよね。みんな考え方違うんだから。それを常識として捉える判断基準ってのは、どれだけそれを常識だと思ってる人が、自分の周りに多いかってことになるわけです。

で、自分のしたいように生きてる人が、人に迷惑をかけるっていう図式が、私の棲んでるこの国では、浸透してて実際に私もそう思って生きてきてるのです。

ということは、自分のしたいようにすることが、当たり前だと思われてる世界だったら、そっちが常識になるから、そうやって生きていっても嫌いだと思われないってことになるのかな〜〜。

で、個人的な偏見なんだけど、自分の意見を絶対まげないし通すっていう、中国では、自分の好きなようにしてても、一般的に日本では、人に迷惑かけてるって思われるようなことをしても、友達、なくさないでいられるのかしら。

いまさら、考え方が日本人だから、もう無理なんだけど、素朴な疑問ですなぁ。

中国にもいろいろな人いるだろうけど、中国行って思ったのは、そうやって、意見をとことん通す国なんだなって、印象があったからな。

今日のER 

2005年04月25日(月) 23時48分
今日のERは、好きです。
何かアビーの外科のローテが始まって、大活躍の予感です。新しい看護婦さんも来たし。
この看護士さんはかっこよくて、いい感じです。

しかし、あのインド系(?)の新しい女の子…優しい感じは好きなんだけど、どーも好きになれないのはなぜ…?
まじめだからか…?うーん。

なんかおもしろかったです。

新ドラえもん2 

2005年04月17日(日) 1時16分
関連エントリ→新ドラえもん1


まあ、声に関してはそんなとこなんだけど、なんかね、あたしが一番思ったのはね、
アニメとしての、あの作品のつくりが、すでに前のと大きく違うってことを感じてしまったんですよ。
あ、新番組なんだ、これ。リメイク版なんだこれ。

みたいな。
違和感が……。

そう、ドラえもんのファンなら解ってくれるかどうか知らない表現をすると、
よく、子供向けの『恐竜説明』マンガとか、『人体の不思議』説明マンガとかで、藤子・F・不二雄先生にとっても似せた絵で、ものすごーく解りやすいエセドラえもんを使った、マンガ初めて物語みたいな本があるじゃないですか。

何か、それを見ているときのような感覚を覚えました。
絵は似てるし、言ってるキャラクターも間違ってはないんだけど、もう、藤子先生が書いたドラえもんじゃないんです。っていうのがものすごくひしひしと感じられてくるような。

まあ、それはたとえですけど。アニメは藤子先生が書いてるわけではないですからね、そりゃ。それはわかってます。
ただ、あのドラえもんというアニメどくとくの、テンポとか、掛け合いとか、音楽とか、すべての要素が一転してるから、もう別のアニメとしてみてくださいって言ってるんですか?そうですか。
何か、アニメとして、そっちの面白くなさに耐えられなくて、途中で止めちゃったですから……いらいらして。


もう、いいよ。ぐずぐず言わないよ。やっぱ、変わってほしくなかったんだね、当たり前だよね。好きなものには変わってほしくないもんね、普通。

いいこぶらないよ、もう。

誰かあたしのドラえもんを返して!がく!!


で、さんざんいいこぶらないとかいっといてなんですけど、ママが三石さんでしたね!面白かったですよ…、そして、途中でとめたあたしはまだ、聞いてないですが、しずかちゃんのママが折笠さんでしたね!丸尾君のかあさま以来の快挙!(笑)

折笠さんかー、いいかも〜(殴)

新ドラえもん1 

2005年04月17日(日) 0時50分
始まりました……。とうとう。
『新どらえもん』

DVDに録って……そして今、見ました。何故か24の後に(笑)
息をつめて見ました。そして私はなぜか10分後……。

ひとすじの涙を流していました。

……ネタじゃないよ。

別に、始まったドラえもんの声がどうとか、そうとか、それよりも。
何か、あたしの好きだったドラえもんという番組は…、
終わってしまったんだなぁと、思ったのかもしれません。取り返しがつかないみたいな。

あー、もうリアルタイムであのドラえもんの声を、10チャンネルのあの時間に、3月のあの期間中に、映画館で、TVで、もう聞くことは二度とないんだと思ったのかもしれん。

いや、別にシリアスなエントリを書こうと思ったわけでは別にないんだが。

なんかさ。

別に、悪かないのよ、声優さんの質としては。だって、わさびさんはもともと、面白いし、智一さんは、5人の中で一番元スネ夫の味をかもしてるように思うし、のび太役の人もうまかったし。まあ、あえて言えばジャイアンの声が声優として、アニメとテンションがずれてる感を感じちゃったけど。14才って言っても信じますよ(笑)

だけど、そんなあたしの冷静な作品としての感想は、やはり、今までドラえもんをずっと心に感じてきたあたしのファンとしての心理の前には、

まったくかなわなかったわけだね。

関連エントリ→新ドラえもん2

ER10 

2005年04月12日(火) 0時29分
本日もER10を見ました。

注意!このエントリはただいま毎週月曜日BS2で放送している海外ドラマ『ER](10)』のネタばれです
しかも、見ている人でも知りたくないネタばれ内容を含んでいます(役者降板ネタ等)ございます。リアルタイムで見たい、という方はご覧にならないほうが無難です……


それでですけどね……。どうやらカーター君が出なくなるらしいんですよ。
それって……ようはもうコンゴから帰ってこなくなって出番がなくなるってことですよねぇ……。

しかもなんか激しく、また『役者の都合で、ドラマに出られなくなるから、カーター君の出番がなくなるよ!』ていうストーリーに走ってませんか、ER10!

ってか9の最後見てホッとしてたのによぉ…、いきなり新シーズンでけんかでしかよ、お二人さん!

だいたい第一シーズンから出てた人、(途中いなかったルイス先生は置いといて)全員いなくなっちゃうってことだよね……。それにしたって、もっと花をもたせてくれりゃいいのに、カーター君に…。

でさ、せっかくラブラブになってきた、アビーは、一緒に降板しないかぎり(したらいやですよ!)ストーリー的にくっつかないってことでしょ!あの二人!!

ひどいよ〜、ひどいよ〜、あそこまでひっぱいといてさぁ〜。
何が『場所を見つけた』だよ、あー、アビーかわいそう!!


なんか、ロス先生とキャロルのときもそうだったけど、ジョージクルーにぃーが人気出てきて、ERでなくなって、しばらくキャロル一人でがんばってたけど、最後には結局キャロルがロス先生おっかけてってときは感動したけど、役者さんにして見れば、もしや降りたくなかったのか……?(笑)って少し思っちゃいました。事情は知らないけどね。

でも、最後にああやってくっついてくれば分、ほっとはしましたけどね。

あーあ。なんかまたルカとくっついちゃうのかな。
さみしいな。でもアビーはなんかお医者さんになりそうですよね。
次回予告見てる限りだと。それもいいね。もっと面白くなること願うER10。
ウィーバー先生も出番少ないしねー。

ドラえもん新キャスト決定! 

2005年03月13日(日) 14時45分
ドラえもん:水田わさび
のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ
スネ夫:関智一
ジャイアン:木村昴

ジャイアン14才だって…写真見たけど、見えないよね。

五人囃子 

2005年03月05日(土) 23時41分
昨日はトロカト記念日です。おめでとう!
ところでその一日前は雛祭りなんだけど、昨日とてもびっくりしたのでお知らせしる。

友だちと雛人形の話しをしていた。はじめてやった役の話になり、自分はぜったいお雛様の役だと思ってたのに、三人官女の役だったとか、三人官女は行かず後家だとか、でも真ん中はまゆげをそってるから結婚してるテレビでやってたとかしゃべっていたら、自分は、五人囃子の笛を吹いてる人になりたかったと、ある彼女が言った。

そーか、男の子になりたかったのか……あるあるそんなこと、と思ってうんうん頷いていた。ここでその話を聞いているのがあたしだけだったら、この後の事態は起こらなかっただろうとおもうと感慨深いものである。
そこでお雛様になりそこねた彼女が言った。そぼくな疑問である。私なら利いたふりして絶対言わないせりふである。

「あれーでも、五人囃子って男の子だよねー」
「え、五人囃子って……女の子でしょ?」

えーーーーーー!

ショックある、疑問である。
わたしは思わず「はーーーー?! 何言ってるのーーー?!」
とつっこんでしまった。

二人は驚いたようであった。どちらも自分が言われたと思ったと、後の話しで聞いたのであるが今はそんなんことはどうでもいいのである。

ねえ、みなさん。この場合、どちらのセリフに驚くと思いますか。

当然わたしは、後者のセリフで驚いたのである。
「五人囃子って男の子に決まってるじゃん!」わたしはそうつっこんだ。
「そうだよねー?」

素朴な疑問をはっした彼女がいった。よかった、私がおかしいのではなかった。
そぼくな疑問をはっした彼女も同じような安堵感を覚えたようである。まさに、自分の今まで当たり前のように信じてきた常識というものが、ひっくりかえされかけたのである。

この年になると、なかなかそんな感覚は味わえないものであるからして……。

そして、その心の中でそれ、常識・真実だと思ってたものがまさにひっくり返された彼女は言った。

「え……? ほんと?」

さらにWパンチ! 冗談ではなかったのだ。今度はわたしの「五人囃子を女だと思ってる人なんて今まであったことない」という常識がひっくり返された瞬間だった。

まあ、自分が信じてるものを一瞬で覆される感覚なんてなかなか味わえるものではない、というお話。