高柳晴男が水彩画を描く時に気を付けていること

March 30 [Wed], 2016, 11:17
高柳晴男の趣味の一つとして、水彩画があります。美術は得意というわけではなかったのですが、何か家でできる趣味を、と思ったときに水彩画を思いつきました。これが始めてみると意外と面白く、水彩画だけでなく絵画全体の面白さを知ることができたので始めてよかったと思っています。
高柳晴男が水彩画を描く時に気を付けていることは、描きたい部分をできるだけ抽出することです。たとえば風景画を描く時、見えているものすべてを描こうとすると非常に幅広く、デッサン狂いなどを招いてしまいます。まだ初心者なので、両手の指で四角を作ってその中に納まっている風景を描くように、できるだけ描きたいものを抽出するようにしています。
また、水彩画は淡い独特の色味が持ち味です。その持ち味を損なわないように、優しい色を作るように心がけています。
水で滲ませていくのが水彩画なので、滲ませていけば色の作り方に失敗することはないのですが、水が多すぎると淡くなりすぎて、少なすぎると色が強くなりすぎてしまいます。そのバランスをとるのが難しいので、色を作るとき、水を足す時に細心の注意を払っています。
水彩画の良いところは、下書きが鉛筆なので調整が比較的簡単という点です。ただ、あまり何度も消しゴムをかけたりすると紙が傷みますし、消しカスが汚れになってしまったりするので、こちらもできるだけ汚くならないよう気を付けています。
やってみると難しいところもたくさんありますが、奥が深くとても面白いので興味があれば皆さんも始めてみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:apple552
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apple552/index1_0.rdf