こんばんわ、夜中デス。 

September 06 [Wed], 2006, 1:56
久しぶりッす・・・。
全然、更新しないでスンマセン;汗
でもこれからは更新してきます。
頑張る、自分ww

ってか、このサイトの名前の由来?知ってる??
知る訳ねェよな。知りたくもねェか。笑

は俺の尊敬してる兄チャンの好きな色だから。
兄チャンはすげェバンドも頑張ってるし、生き方尊敬する。
俺も兄チャンみたいな人間になりたい。
なれねェかもだけど。笑
いつも助けて貰ってばっかりで;
兄チャンが悲しいでる時、苦しんでる時に、俺は助けてあげたい。
暗紫色を射してあげたい、みたいな意味がある訳。クサw
まぁ、そんな訳で今後もこのサイト宜しくなァ〜。
バイチャ。

詞・勍右。 

August 16 [Wed], 2006, 2:30
-OVER-


君は僕の腕をギュと掴んだ
過去があれば未来もある筈だよ
その度に溢れる涙が心の灯火
消してゆく哀れな雨

君が僕を離さなければずっと
遠い未来歩めたかもしれないよ
明日が来れば少し変わってたよ
未来がない過去の僕よ

もう終わりにしよう
僕の小さき未来を
もう終わりにしよう
僕らの深き過去よ

もう僕を止めないで

否定しあって
我慢しあって
でも後悔だけはしたくないよ

It is not over
It cannot be over

僕は君の腕をギュと掴んだ
まだ終われない未来があるから
あても無く彷徨ったって
何処かいつか辿り着く筈だよ、きっと

君も強く腕を握った
それが合図のように感じた
未来は変えられるんだよ
僕と君は明日に誓った



※解説※
俺が辛い時や苦しい時、いつも傍には仲間や友達、家族が居てくれた。
支えてくれる人が居たから今がある。
そんな気持ちを書きました。

詞・勍右。 

August 09 [Wed], 2006, 21:30
-愛惜(あいじゃく)-


11月、肌寒い季節

寄り添うように出会った

近いようで遠い距離

甘いようで切ない口づけ


変わらない肌寒い季節

繋いだ手は優しくほどけた

長いようで短い時間

深いようで浅い愛


僕は君が隣にいる事が当たり前だった

最後の最後まで優しかった君を手放すのは怖くて

いつかは僕にも新しい光が見付かるかな

それは生まれ変わった鮮やかな色した君だったらな


鮮やかな色した君だったらな


弱い僕を許して下さい

全て僕のせい(我儘)だから



※解説※
過去の恋愛について。
忘れたいのに忘れられない感情。
恋愛に関わらず、誰でも持っていると思う。

そんな気持ちを書きました。

詞・勍右。 

August 06 [Sun], 2006, 3:30
-溺れる魚-


静寂に泳ぎ回る君

映る景色はいつもゆらゆらり

まだ呼吸の音は止まない


差し込む光

目に沁みる影

この先がいつも不安で


紫色(ししょく)の華には雨が流れて

苦しいのだろうなんて思ったり

紫色の華には夜が怖すぎて

虚ろな目で訴えかけてる


干乾びた水槽の中で


紫色の華には雨が流れて

苦しいのだろうなんて思ったり

紫色の華には夜が怖すぎて

虚ろな目で訴えかけてる


水面に浮かぶ華弁

静寂に浮かぶ君



※解説※
強がる君へ。
心の奥底は弱く、深い悲しみ絶望・・・。
それは自分の胸に抱きついた彼が一瞬、不意に見せた姿(涙)だった。
紫色に染まった君の痛み、少しでも分けて欲しかった。
それで君に、ひと時の安らぎが与えられるのなら。

そんな気持ちを書きました。

こんばんわ。現在、2時24分デス。 

July 28 [Fri], 2006, 2:24
最近学校もテストや課題に追われ実際、辛い。
だからと言って親の前では弱音は吐けないな・・・笑
弱音を吐けるのはサイトの日記だけ。
後、仲の良い友達とか。

でも今は辛いケド頑張れる。
何故ならDIR EN GREYの8月1日、
日本武道館公演【INWARD SCREAM】に参戦するから。
友達がFCに入っていて、チケを譲って貰った。
感謝です。
本当にすげェ楽しみ。
今は辛い毎日だけど、日武の日は京クンに溺れたい
とことん、溺れたい

【凌辱の雨】、もちろん買った。
凄い、曲。また京クンは凄いモノをを作り上げた。
詩も俺にも理解出来ないくらい深い詩で読んでると時間がどんどん過ぎてく。
でもなんか伝わってくるモノがあるんさ。
まぁ、人それぞれ捕らえ方は様々だけどね。笑

DIRの存在によって、自分の存在(生きる)理由を見出す事が出来る気がする。

詞・勍右。 

July 16 [Sun], 2006, 1:54
-手-


「さよなら」ってバスに手を振った

空虚なのに

部屋は薄暗くて照らす蛍光灯

君がそばにいつも居ないから

僕は君を殺した

夢でいつでも会えると思ったから


近くにいるのに手の届かない距離

血走る眼に映る君

もっとそばに来て

日の光が当たる前にもう一度だけ

強く抱いて・・・

ごめんね、僕は


分かっていた振り向かないことくらい

でも体が痛く欲しがっていた

取り憑かれて悶え苦しみたいから

どうか冷えた手を僕に差しのべて


僕の愚かさは身に沁みたよ

「少しだけ休ませてください」

そしたらいつの間にか君は

暖かな手をしていた


「さよなら」ってバスに手を振った

空虚なのに

部屋は薄暗くて照らす蛍光灯

君がそばにいつも居ないから

僕は身を投げました

夢でいつでも会えると思ったから



※解説※
出会い、別れ。
いつかは『別れ』はあるのを知りつつも、惹かれあう二人。
その出会いにどれほどの深い感情を込めても、消えてしまう大切なものもある。

そんな気持ちを書きました。

放置スミマセン。 

July 11 [Tue], 2006, 0:46
学校忙しい、俺であります。
本当にバンドなんか出来んのか、考えさせられます。
なんだか自分自身が良く分からないな。

このサイトはすげェ親愛なる身内にしか晒してないんで、あんま広めないで下さい。笑

さっきまで、友達の家に居て軽く酒を飲みつつ暴れてました。
なんかそのひと時が安らぐんすよね。本当。

もうそろそろ学校ではテスト。
単位取れなくて上に上がれなくても覚悟は出来てます。
親にも相談したしな。
夏休みにもう一度良く考えてみます。

友達のバンドマンさんにセッション組んでくれると言う誘いがあったから、自分がどんなモンか試したい。
今の実力とか。
もう少し時間を下さい。
組んでるメンバーには本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
本当にごめん。

初、ブログ更新。 

July 03 [Mon], 2006, 0:32
今日は俺のブラザー(兄)の幻クンと渋谷で夕方待ち合わせして、ピアス空けた。
空けたかったとこやっと空けられて、嬉しいぜww
アイブロウな。

んで、いつものラーメン屋に行って(2回目だけどな)麺食って。糞うめェの。

色々、バンドについて相談したり愚●言ったり。
自分が思い描いているよりもバンドはスゲェ大変なのは分かってるつもりだケド、多分100パーセント中の30パーセントくらいしか分かってないだよな、俺。
幻クンにほんと迷惑かけてる・・・((汗

この先の不安が募るばかりだな。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:apperception
読者になる
Yapme!一覧
読者になる