、いざとりかかると「眠気」がやってきて

August 15 [Mon], 2016, 18:58
みなさん、おかわりありませんか?
5日ぶりの投稿です。

私は先週の月曜日から木曜日まで、寝る間も惜しんで?掃除に励んでいました。
というのは、金曜日に税理士先生が、我が家に来られるということになり、せめて机の上だけでもと掃除を始めたら、机の上のものを片付けるところがないということがわかり、捨てたり、整理したりしていたら、みるみる時間が経ちました。

税理士の先生がなぜ来られたかというと、この春の確定申告の時に、税務署で「税理士による個別の記帳指導」というのがあるということを教えてもらい、申し込み、抽選で当たったからです。
これは1回、約90分で、確定申告まで、4回無料で指導いただけるというものです。

私は、自宅が「汚部屋」のため、町内の人も招き入れたことがなく、テーブルの上は、いつもてんこ盛りにモノが乗っていて、食事は、それらのものをどけた、わずかなスペースで済ましていました。

ずっと以前からモノが捨てられず、我が家は汚部屋になっていました。
なぜ掃除ができないのかと、断捨離の本や、リバウンドしない掃除術など本を読んでも、読んでいるうちは「出来た気」になるのですが手を付けた途中で、寝床に行ってしまい寝る。
起きたら、掃除なんてせんでも死なんと、掃除よりははるかに楽しい「仕事」を選び、汚部屋の中で暮らし続けていました。

それでも飽きもせず、また本を購入し「ADHDタイプの部屋、時間、仕事整理術 片付けられない 間に合わない」がなくなる本(司馬理英子著・大和出版)、これを読んだら、自分が掃除できなかった理由がわかった気になりました。
なるほど〜私はADHDタイプだったのかと納得して、またもやそこで終わっていました^^;

でも今回は、掃除を途中で終わるわけにはいきまえん。教えてもらうのに、ものを広げるスペースもなく、少しは見栄もありますので、頑張りました。
頑張った結果が、記事最初に貼った画像の「何も乗っていないテーブル」です。

4日もかかって、毎晩ほぼ4時就寝、8時頃起床。
これだけの時間起きていたのに、ほぼ完璧に出来上がったのは「テーブルの上」だけです。
途中、モノを定位置に置くために、部屋の中を移動していたら、目についたコトが気になり、持っていたものを無意識にそこいらに置き、目についたコトをやっていまし、その前にしようとしていたことをすっかり忘れて、それをどこに置いたかさえ覚えていないということを繰り返していました。
そんなことを繰り返しているので、フツーの人なら、もっと短時間ですむことがこれだけかかったのかもしれません。

税理士の先生は後3回来られるので、リバウンドしたくありません。
最後は来年2月と、すでにスケジュールは決まっていますので、それまで維持をしなくては…。
来られる前に、毎回4日もかかって掃除してられません!
来年2月まで維持ができたら、きっとテーブルの上だけはいつでもキレイを保てるのではと、自分にちょっと期待をしていますが、はてさてどうなることか、自信はありませんが、なんとか日々の生活で出したその手で片付けることが自然にできるようになればと願っています。

ちなみに画像のテーブルの上にかけてあるテーブルセンターは7月15日の記事で書いた「藍染めのテーブルセンター」です。
せっかくなので、かけてみました。

食べこぼしもヤバイと、食事もお盆の上に置いて、緊張してご飯を食べていました。
「こんなん、ちょっとイヤやわ」と思っていたら、昨日お茶の入ったコップをこかしてしまい、ずぶ濡れにしてしまいました
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美しい嘘
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/appalese/index1_0.rdf