小澤正澄が谷田部

May 24 [Tue], 2016, 12:16
GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。
GPS装置がつけられていることが発覚することがあります。子供も大きくなったのでパートを始めたところ、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、浮気してしまいました。子供が手を離れるまで、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、以前と変わったところがあったのか、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められる事態になりました。

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを不倫といいます。
ということは、法律の中では、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。

浮気をすると、目立って現れてくるのは格好の変わりようです。
お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、突然にファッションにこだわるようになったら注意が必要でしょう。

これから先浮気をしようとしていたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーであり続けたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。



浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。
しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。
浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに性的関係を持つことをいいます。不倫であればパートナーとその交際相手に代償として慰謝料を請求することが可能です。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って配偶者の浮気の証拠をおさえ、不倫行為への慰謝料を要求することで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。
日々の生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が間違いありません。そして、探偵をお願いした場合は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。不倫がわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。



証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを利用している写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されることも多くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希愛
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apopatpeosshrh/index1_0.rdf