二郎の衣笠

June 21 [Tue], 2016, 2:58
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。



妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。


亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。



このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。

亜鉛は質の高い精子を造ることを手助けしてくれるというワケです。妊娠はどちらか一人ではできません。ゲンキで健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取をすすめてみてください。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)B群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。葉酸とは野菜などに含まれているビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Bのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。
なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも大丈夫です。
妊婦さんにとって葉酸が大事だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために必要不可欠な栄養素であることはミスありません。

では、もし葉酸が不足したら、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸は細胞分裂に働聴かける栄養素だと報告されています。



ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天的な障害を発症しやすくなると言われているそうです。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
妊娠を考えるようになって、葉酸がすごく大事だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると読んでいる雑誌で特集が組まれていました。その記事によると、葉酸は、胎児がゲンキに成長するための大事な栄養素だそうです。

ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)の一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを服用するのが御勧めだそうです。



調べてみると各種の葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、ゲンキな赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:百華
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apoostunrhetdr/index1_0.rdf