役所広司「ビールの注ぎ方がうるさくなりそう」 / 2010年04月06日(火)
ヱビスビール新CM発表会が4月5日、ヱビスビール記念館(東京)で行われ、新キャラクターの役所広司が登場した。

役所広司の「三度注ぎ」の写真

「映画でも仕事をしたことがある馴染みのスタッフで楽しく過せた」と撮影を振り返った役所。京都で行われた撮影は雪が降ったそうで、「冬バージョンを撮ったほうが良いんじゃないかって言うくらい雪が降りましてね。でもその後、絵コンテどおりに晴れたのでラッキーでした」とコメント。撮影での印象的なエピソードを聞かれると、「舞妓さんが待てど暮らせど現場に現れなくて…。踊りの稽古でお師匠さんからなかなかOKが出なかったようで、厳しい世界だと思いましたね」と感心した様子で振り返った。

また、ビールをおいしく飲むためのコツとして役所に「三度注ぎ」が伝授された。普段は「飲んでるうちに(コップへの注ぎ)が雑になる」という役所も、一手間加えると「うまい。これからちょっとビールの注ぎ方にうるさくなりそう」と絶賛した。

新CMでは、京都・祇園の風情あふれる街並みを舞台にちょっと贅沢なビール(ヱビスビール)を表現する。テーマソング『第三の男』をサザンオールスターズの原由子が歌う。CMは4月10日(土)より放映開始。

【4月5日19時12分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000001-pia-ent
 
   
Posted at 08:06/ この記事のURL
高瀬大樹が9年ぶりにパンクラス出場 / 2010年04月06日(火)
 総合格闘技パンクラス「PANCRASE 2010 PASSION TOUR」(4月29日、東京・ディファ有明)の追加対戦カードが発表され、「PRIDE」などで活躍した高瀬大樹の出場が決定した。

 高瀬のパンクラス参戦は実に9年ぶり。最後の出場は2001年3月までさかのぼる。現UFC世界ミドル級の絶対王者アンデウソン・シウバに土をつけたこともある寝技の達人は、その間キックボクシングやプロレスまで幅広く経験しており、満を持してパンクラス復帰を果たす。

 なお、この大会ではミドル級のタイトルマッチも行われ、第8代王者・金井一朗と暫定王者・近藤有己の一戦がすでに決定している。

■「PANCRASE 2010 PASSION TOUR」
4月29日(木・祝)東京・ディファ有明 開場15:00 開始17:00

【追加対戦カード】

<ミドル級戦/5分2R>
高瀬大樹(アイアムアイ/2勝3敗1分)
キム・フン(パンクラスコリア/Team Tackle/1勝1敗)

<ウェルター級戦/5分2R>
渡辺大介(パンクラスism/16勝25敗4分)
圭太郎(圭太郎道場/初参戦)

<ウェルター級戦/5分2R>
窪田幸生(坂口道場一族/21勝20敗8分)
北田有(和術慧舟會富山支部 S.P.O/1勝)

<ライト級戦/5分2R>
岩見谷智義(高田道場/4勝6敗1分)
岡澤弘太(ノヴァ・ウニオン・ジャパン/初参戦)

<ライト級戦/5分2R>
伊藤崇文(パンクラスism/’95NBT優勝/37勝30敗10分)
徳留一樹(パラエストラ八王子/初参戦)

<フェザー級戦/5分2R>
内山重行(GRABAKAジム/’09NBT同級優勝/3勝1敗)
高橋渉(Laughter7/1勝1敗2分)

【既報対戦カード】

<ミドル級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ/5分3R>
[王者]金井一朗(パンクラスism/8勝6敗1分)
[暫定王者]近藤有己(パンクラスism/’96NBT優勝/48勝10敗8分)

【4月5日23時32分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000024-spnavi-fight
 
   
Posted at 06:50/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月06日(火)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 06:12/ この記事のURL
リンクス、第2世代iPod touch用クリアケースと液晶保護フィルムセット「IC826」 / 2010年04月06日(火)
 リンクスインターナショナルは4月5日、第2世代のiPod touch専用スナップ式クリアケースと液晶保護フィルムセット「OZAKI iCoat CrystalシリーズIC826」を4月10日より発売すると発表した。価格はオープンで、予想実売価格は2000円前後。

【拡大画像やクリアケースの紹介画像】

 滑り止め機能を備えたクリアケースは、デザイン性を損なうことなく汚れや傷からiPod touch本体を保護する。クリアケースを装着したまますべての操作が可能で、Dockコネクタも装着できる。

 同梱の液晶保護フィルムは耐久性の高いPET素材を採用し、タッチパネルの操作性を損なうことなく液晶画面の傷や汚れを防ぐ。フィルムは吸着素材のため、液晶画面にのりが残らず何度でも貼り直しができるという。

 サイズは112(縦)×55(横)ミリ、重さは約8g。液晶保護フィルムのほかにクリーナークロスが付属する。

【4月6日1時43分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000002-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 04:57/ この記事のURL
マイクロソフト、パートナー8社と中小企業向けのWindows 7移行支援策を展開 / 2010年04月06日(火)
 マイクロソフトは4月1日より、中小企業を対象にWindows 7の導入促進を目的とした施策「Windows 7へお手軽引っ越しキャンペーン」を開始した。

 ソフトウェア/ハードウェアベンダー8社がWindows 7の移行ソフトや搭載PCを割安で販売、同社がキャンペーン告知や営業活動のサポートなどを行う。

 マイクロソフトによると、中堅・中小企業におけるWindows 7の導入は順調に進んでいるものの、移行時のデータ移行やハードの買い替えに課題を抱えているという。そこで同社は、データ移行ソフトを扱うソフトベンダーと協力して、ソフトウェアの割引販売キャンペーンを展開。またハードベンダーとも組んで、Windows 7搭載PCの特別価格での提供など買い替えキャンペーンを支援する各種施策を打ち、中小企業におけるスムーズな環境移行を図る。

 キャンペーンを実施するソフトベンダーは、AOSテクノロジーズ、ジャングル、ソースネクストの3社。ハードベンダーは、NEC、エプソンダイレクト、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの5社。 4月3日19時1分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000016-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 04:19/ この記事のURL
1枚のIC乗車券を全国使用可能に、システム整備 / 2010年04月06日(火)
【ソウル5日聯合ニュース】2014年から1枚のICカード乗車券で全国の公共交通手段が利用できるようになる見通しだ。
 国土海洋部は5日に「交通カード関連装備の全国互換性認証要領」を告示した。ICカード乗車券「交通カード」の端末機など関連装備を全国で統一できるよう、認証基準や手続きなどを規定した。
 認証業務代行機関には、韓国建設交通技術評価院を指定した。同評価院が認証業務の遂行に必要な細部規定や手順を設け、5月から交通カード全国互換性に関する認証業務を始める。
 また、6月からは公共交通需要が集中するソウル市、京畿道、釜山市、光州市など大都市を中心に、互換チップや清算システムなど全国互換交通カード用インフラを設置する。
 国土海洋部は、2013年までに認証製品を全国の公共交通手段に段階的に設置する。2014年からは1枚の交通カードで全国の公共交通手段を利用できるようにする計画だ。



【4月5日16時4分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000021-yonh-kr
 
   
Posted at 03:04/ この記事のURL
パナソニック、インドにカーエレクトロニクス販売会社を設立 / 2010年04月06日(火)
パナソニック・オートモーティブシステムズ社は、子会社パナソニック・インドガオンの社内分社としてパナソニックASインドを設立した。

新会社はインドの自動車市場で、現地顧客に密着した戦略を構築し、迅速な意思決定が行える販売体制を目指すとともに、オートモーティブシステムズ社グローバル戦略の柱である新興市場での成長性の確保、インドでの市場責任を担うとしている。

インドの2009年度の自動車生産台数は240万台、前年比17%増と急成長しており、今後も大きな成長が見込まれている。世界中の自動車メーカーが生産体制を強化しており、同社としてもインドでの供給体制を強化する必要があると判断した。

オートモーティブシステムズ社は、米州、欧州、中国、タイに拠点を持ち、グローバルに事業拡大を図ってきた。今回、新たにインドにパナソニックASインドを設立し、パナソニックASアジアパシフィックの開発・製造部門と連携をとりながらカーエレクトロニクス事業のグローバル対応力の強化、ボリュームゾーン攻略による成長戦略の加速を図る。

《レスポンス 編集部》

【4月5日16時13分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000017-rps-bus_all
 
   
Posted at 02:28/ この記事のURL
米連邦検察、AIG問題での訴追断念へ / 2010年04月06日(火)
 関係筋が明らかにしたところによると、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を破滅寸前に追いやった金融契約について過去2年にわたって捜査をしてきた連邦検察は近く、関係した元幹部を訴追しないことを決める可能性が高い。

 同筋によれば、司法省は最終決定を下していないが、検察は最近得た証拠から訴追断念に傾いているという。司法省の広報担当者はコメントを拒否した。

 捜査の中心はジョゼフ・カッサーノ氏だった。同氏はAIGフィナンシャル・プロダクツと呼ばれる、ロンドンに本拠を置く子会社のトップを務めていた。この子会社が他の金融機関との間に保険に似たクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)として知られる契約を結び、これがAIGにとって破滅的なものとなった。

 モーゲージ市場が崩壊したとき、CDS契約を結んでいた金融機関に数百億ドルの担保を渡さなければならなくなった。これによってAIGは破滅寸前となり、政府から公的資金の注入を受けた。この結果、同社は厳しい世論の批判を浴びるとともに、政治的にも詳細な調査を受けることになった。

 関係筋によると、問題となっていたのは、カッサーノ氏とその同僚が2007年以降、住宅ローンにつながっていたこうした契約を結んでいたことについて投資家や会計事務所をだましていたかどうかだった。

 昨年秋の時点で司法省はニューヨーク州ブルックリンの大陪審選定を計画していたが、最近になって会計事務所のプライスウォーターハウスクーパースから得た情報に基づいてこの計画を取りやめたという。

 カッサーノ氏は今週、検察官と会い、会計調整やスワップ関連の問題などについて話すという。同氏はすでにAIGを退職している。

 CBSニューズは2日、同氏が今週検察官と会うとし、検察側は訴追しない公算が大きいと報じていた。

記者: Amir Efrati

【4月5日14時4分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000302-wsj-bus_all
 
   
Posted at 01:53/ この記事のURL
SUPER GT & フォーミュラニッポン スプリントカップ、JAFグランプリに / 2010年04月06日(火)
GTアソシエイション、日本レースプロモーション、富士スピードウェイの3社が11月13日、14日に共催する「SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010」のタイトルが「JAFグランプリ」となることが2日、決定した。

[関連写真]

JAFグランプリレースとしては、1990年の「JAFグランプリ全日本富士500kmレース」以来、20年ぶりの開催となる。

また今回、「技術の向上と産業の振興」を目的に国土交通省による後援のほか、SUPER GT500クラス優勝チームに対して「国土交通大臣賞」が授与される。

JAFグランプリは、FIAの認定する「日本グランプリ」に次ぐ格付けで、JAF(日本自動車連盟)が各種条件を満たしたレースに付与するもの。

《レスポンス 宮崎壮人》

【4月2日22時18分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000045-rps-ent
 
   
Posted at 01:19/ この記事のURL
【華流】ジョー・チェン、ユンファとのラブシーンに萎縮? / 2010年04月05日(月)
 1日、新作映画『龍鳳店』のクランクイン発表会が開かれた。『龍鳳店』は大型映画プロジェクト「5510大電影(5年間に5億円で10本の映画を制作する)」計画の第2段で、徐煕媛(バービィー・スー)や鞏新亮(ミュウミュウ・コン)、任賢齊(リッチー・レン)、羅家英(ロー・ガーイン)らが豪華出演する。

 プロデューサーの向華勝(ジミー・ヒョン)は会場で旧紙幣6000両を配り、第3段となる次回作『分手専家』のヒロインに台湾人気女優の陳喬恩(ジョー・チェン)を迎えることを発表した。同作品には周潤発(チョウ・ユンファ)や人気コメディアンの周立波(チョウ・リーポー)も出演する予定だという。マスコミから「ユンファとのラブシーンはある?」と聞かれたジョーは「まさか!そんな勇気はありません(笑)この機会に、多くのことを学びたいと思っています。」と話していた。(編集担当:鈴木菜歩)

【4月5日16時16分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000067-scn-ent
 
   
Posted at 23:49/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!