患部とは離れてはいるが

March 23 [Fri], 2012, 15:50
オステオパシーの治療法には、患部に力を加えて身体を正常に戻そうとする「直接法」と患部とは離れてはいるが、患部に何らかの支障を来していると思われる部位に力を加える「間接法」とがあります。
これらの手法を使い分け、または併用することで治療を行っています。
いずれにしても、解剖学知識も生理学的知識も高い知識が必要で、繊細な技量も問われます。
当然短い期間で習得できるものではありませんし、技術が足りなければ危険も伴います。
オステオパシーを受けようと考えている人は、治療を行う施設を慎重に選ぶ必要があります。
I never knew
もしも時間がもどせるなら
ガーベラの花
ほんとうは
bouquet
夜の果て
Take Me Higher
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:apish569
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apish569/index1_0.rdf