修治だけどトウネン

March 24 [Thu], 2016, 6:59
それほどまでには気にかけていませんがチリ紙をしょっちゅう用いています。あれば役立つものですし、必要な時になければ不便利すぎて困ります。
鼻紙は心ばかりか軟性がなく吸収能力が不良なものから、キモチいいずっと触っていたくなるようなものまで様々なものがあります。
最近、私はしきりにセールで売られている物を使うようにしています。値段が高いものは品質が良い一方、使うたびに金額のことを考えてしまうので、たくさん使いたい時に躊躇してしまいます。
そう思うと、大安売りしているものは遠慮なく使えてありがたいです。花粉症の季節には、安売りの品から高級品にチェンジです。
かたいもので鼻をかむと鼻が真っ赤になってしまい、サンタのそりを引いている動物といい勝負をすることにおさまることになります。
ティッシュはあって当たり前だとみんなが思っているものなんですが、貢献している度合いはかなり大きいと言っても良いのではないでしょうか。
鼻紙のない世界を想像してみてください。チリ紙ではなくそれ専用の布を使うことを考えることにするでしょう。
そうなったらそうなったでそれが普通の世界であれば、どうということはないのかもしれませんね。でも、たとえば、花粉症でティッシュペーパーがいつも必要な人の場合は大きな問題ですね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apikcaeotyccol/index1_0.rdf