現在 

2006年06月14日(水) 8時25分

今、あたしは学校に行っている。
皆は、凄く普通に接してくれているし、
遊びにだって誘ってくれる、一緒に笑ってくれる。
恋だって、応援してくれる。

でも、やっぱり少し違う。皆とあたしは。
だって、制服に帽子姿じゃ、目立つよ。

小学校の頃は、私服だったから、それ程目立ちはしなかった。
だけど、制服となると、浮いてみえちゃう。
其れが、一番気になっている事。


学校での行事。
例えば、野外活動とか修学旅行とか。
先生や友達のおかげもあって、今までのものは全部なんとかなってきた。
凄い感謝してる。
でも、やっぱり、凄く引け目を感じてしまう。


でも、どうにもならないあたしがいて。


直ぐに自己嫌悪。

過程 

2006年06月05日(月) 19時54分
あたしが自分で、毛を抜き出したのは小4の頃。
初めは、眉毛からだった。
学校へ行けば、男子から、「御前眉毛薄いね」と云われ、
次は睫毛へと抜く場所が変わっていった。
如何して今、髪の毛を抜くようになってしまったのかはよく覚えていないけど、
確か、小4の冬休みがピークだった気がする。
学校に行かないで良い、長い休みだったからか、抜くスピードが以前よりも増していった。
其れまでは、なんとか髪の結び目とかで隠してた禿部分も、もう隠せなくなって
3学期からは、不登校の日々が続いた。
其の後、家族や学校の支援(?)もあってか、保健室登校という形に変更した。
この頃から、帽子を被っての学校生活が始まった。
まだ、其の頃は、怖い部分も沢山あって、こそこそと隠れながらの生活を送ってた。
段々と保健室登校にも慣れてきた頃、仲の良かった友達数人を呼んで、
給食を食べたり、放課話し相手になってもらったりしてた。
其の後は、ゆっくりだけどクラスに顔を出してみたりの毎日。
先生が、話をしてくれたおかげか、皆は帽子に対してあまり質問しなかった。
一部、無神経な奴等が、平気で聞いてきたのを覗けば。

そんな感じで、今現在中2のあたしがいる。



原因はよく解っていないけど、精神的なものじゃないかと。
頑張り過ぎが、いけないらしい。

小さい頃から、弱い部分を見せたくなかったあたしは、
公共の場では勿論、家でまで良い子ちゃんだったらしくて、
其れの積み重ねで、こうなってしまったらしい。


これが、だいたいの今までの状況。

最初 

2006年06月04日(日) 13時58分
抜毛症。


其れが、あたしの夢も希望も全部奪っていったものだった。
この病気を知っている人は、極僅かだろう。
あたし自身も、この病名を知る迄には時間がかかった。
或るサイトに出会ってなければ、一生知らなかったと思う。


抜毛症 別名抜毛癖とも云う。
脱毛症とよく間違われるが、大きな違いが有る。
脱毛症は、自然に身体の毛が抜けてしまう病気。
其れに対して抜毛症は、自分で身体の毛を抜いてしまう病気。
あたしの場合は、主に髪の毛を抜いてしまう。
だから、学校へも家の中でも帽子は必需品。正直辛い。



是からは、このブログで、何か吐き出せていけたら良いなと。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
アイコン画像こころ
» 最初 (2006年06月14日)
アイコン画像芽生
» 最初 (2006年06月14日)
アイコン画像こころ
» 最初 (2006年06月11日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:apiacere
読者になる
Yapme!一覧
読者になる