Brooksで小松素臣

June 29 [Thu], 2017, 9:52
株のデイトレードの時少しの期間に大もうけできる人は確かにいるのです。



デイトレードは、買った株を持越ししないで当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、予想外に株価が下がってしまうこともほとんどなく、リスク管理しやすいと思います。

株の初心者の人が株式投資をする狙い目は、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が閑散とした時なのです。こういう時期だと、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置されているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと考えられるからです。これから株を始めてみたいと思い今のところはバーチャルの取引で取り組んでいます。



今はまだ調子が良くて、とても大きく勝ち越していますが、いざ本当の株の取引になると簡単にいかないように思います。でも、この株のバーチャルによって得た感覚というのを大事にして、本年中には、株取引をやってみようと思っています。
株を始めたばかりの人から上級者まで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均株価なのです。日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本代表の全部で225社の株価を平均したものをいうのです。



始めて間もない人でも毎日継続して日経平均をチェックすることで、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。株式投資をしている人の大半は買った株をどの時期に売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。

だけど、天井付近で株式を売り抜くということはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」の意気込みで売り抜けることができたらいいと思います。株式投資をする場合は、いくら値動きがすごいからといっても、売買高のほとんどない小型株式の売買をすることは、ベストとは言えません。どうしてかというと、普段から売買高の少ない株式は投資した株式を思った値段で利益確定することができないからです。株式投資を開始するには口座の開設が必要となります。

未熟者におすすめなのがネットの株取引企業です。

ネット証券は様々な手数料が安くセーブされているので、利益を得やすいと言えます。



ネット証券によって、サービスにも違いがあるため、照らしあわせてから口座を申請しましょう。

失敗しないで株投資をする方法という本や記事を頻繁に見かけます。


しかしながら、100%失敗しないということなんてありません。でも、しっかり勉強して、ルールを決めた上で投資すれば、成功することもあるのが株なのです。失敗を恐がったり、一回の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思います。株を初めてやる人は売り払うときを逸してしまいがちです。


誰でも人間は欲というものがあるものなので、「もうちょっと高値になってから」なんて期待しているうちに、株が値下がりしてしまいます。

確定させて利益を出さなければ利益とはならないことを忘れずに自分に合った株を売るタイミングを考えておくと上手いタイミングが見つけやすくなるかもしれません。


私はアベノミクスという言葉に誘われ、経験のないまま、株を始めたばかりの未経験者です。
はじめはまったく利益が上がらず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、今は景気が上向きなのか、私の技能がよくなったのか黒字になるように結果が出てきました。

株の空売りを実際にしている株式投資の初心者は少ないでしょう。無理ないことかもしれませんが、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと思っているのでしたら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。


その理由は、空売りを知るということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、行える取引の幅が広まり、株取引がより楽しめるようになるからです。
私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、学んでいます。参考になった本も多いのですが、「あれ?この本と書いてあることが違ってる?」と少々疑問をもってしまうような本も読みましたが、良い箇所も悪い箇所も全部を勉強していきたいです。どのくらい上下するのかを時間ごとに確認するものとしてチャートを利用する投資家はたくさんいます。



例を挙げると、長く上髭が出た株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと評価できますし、ローソク足の分析は、売買するのに良い時期を判断する決め手になります。
株の収益というのは、株価の変動による利益と、会社から配当により、支払われる金銭という利益の二種類あります。株価の変動を読むというのは難しいと思っているような初心者の人は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期支払う会社の株を購入することで、配当での定期的な収入を得るのも良い投資方法の一つだと思います。

皆そうだと考えるのですが、私は株に着手したころ、初心者でチャートをどうやって読んだらいいのか、把握できませんでした。



現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。とはいえ、現在でもたまに間違えてしまう時もあります。
私は興味のある名のしれた銘柄の株を所持しています。毎年一回、配当が出るのですか、その配当で出たお金だけでなく優待で色々なものがもらえるのが魅力です。中でも好きなメーカーからもらえると、もっとこの会社に頑張って欲しいなという気持ちになります。株式投資をやる際には単元株式ではない、ミニ株を購入する方法もあるのです。単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を購入したい場合にはミニ株で少量ずつ買い入れることによって、いっぺんに大金を用意しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。

株をやるのが初めての方が、決算書をまず読もうと思っても、書かれている内容がまったくわからないでしょう。



でも、何の心配もいりません。
株式投資の手法を、短期売買に決めれば決算書の内容とは関係なく儲けられるからです。株式を購入する初心者に是非とも記憶してほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがございます。株で利潤を得るにはこの二つの言葉を忘れないでおいてください。



キャピタルゲインは株式売買で生まれる粗利益のことです。例えば、1万円で購入した株式を2万円でトレードすれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。
株の取引にはリスクがあります。

なので、株式投資の初心者のときは、最初の資産運用は投資信託を考えてみるのも無難な方法でしょう。投資信託は資産運用のプロフェッショナルが有望な投資先に大きくバランスよく分散してお金を投じるので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつとされます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蓮
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aphlneitnesetn/index1_0.rdf