野川の真弓

August 13 [Sat], 2016, 19:30
企業の面接官があなたの熱意を誤解なく理解してくれているかどうかということを見ながら、要領を得た「対話」が自然にできるようになったら、採用への道も開けてくるのではないかと思う。
せっかく就職できたのに就職した会社を「こんな職場のはずではなかった」、「こんな会社は辞めてしまいたい」などということを考える人など、大勢おります。
まず外国籍企業で就業していたことのある人の大かたは、そのまま外資の経歴を持続するパターンが一般的です。いうなれば外資から日本企業に就く人はめったにいないということです。
今の時点では志望の会社ではないのでしょうが、現在募集しているそれ以外の会社と突き合わせてみて僅かでも長所だと感じる部分はどこら辺なのかを追及してみて下さい。
なんだかんだ言っても日本の世界に誇れる技術の大部分のものが中小企業のどこにでもあるような町工場で生まれています。給料面だけでなく福利厚生についても優れていたり、今まさに成長中の企業だってあるのだ。
就活をしていて掴みたい情報は、その企業の雰囲気あるいは自分の興味に合うかなど、任される仕事の詳細よりも職場全体を把握したいと考えての実情なのだ。
仕事をやりつつ転職活動を行うケースでは、身近な人間に相談を持ちかけることもやりにくいものです。いわゆる就職活動に鑑みると、話を持ちかけられる相手はある程度少ないでしょう。
現実には就職活動の際に応募者から応募する企業に電話連絡することはわずかで、応募先の企業の採用担当者からの電話を受けるほうがとても多い。
「自分で選んだ事ならどれほど辛くても乗り切れる」とか「我が身を上昇させるために危険を冒して苦しい仕事を選び出す」というパターンは、割とよく耳にします。
【就活のための基礎】選考試験の一つに最近では応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところは増えている。企業は普通の面接ではわからない気立てや性格などを見たいというのが狙いである。
【対策】面接選考のとききっと転職理由を質問されます。「どんな理由で退職したのか?」ということはどんな会社も最も気になる問題です。ですから転職理由についてはきちんと整理しておくことが不可欠です。
正直なところ、就活を始めたばかりの時期は「絶対やってやるぞ」そんなふうに張り切っていたのに、何回も採用されないことが続いて、このごろはもう会社の説明会に行く事でさえ「恐怖」と感じてしまうようになったのである。
【就職活動のために】面接というものには完璧な答えはありませんから面接のどこが良かったのかまたは悪かったのかという判断する基準は会社独特で、それどころか同じ応募先でも面接官が変われば大きく違ってくるのが本当のところである。
企業の人事担当者は採用を希望している人の本当のパフォーマンスについて読み取り、、「会社に有用で、役に立ちそうな人か?」、しっかりと選考しようとしているのだ。そのように認識しています。
具体的に働きたいのはどのような会社なのかと聞かれたらうまく答えられないものの、現在の職場への不満については、「自分の評価が適正でなかった」と意識している人がかなりの人数存在しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ruka
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apheethertinle/index1_0.rdf