ゴールデンマーブルエンゼルと竹内朋康

September 02 [Fri], 2016, 9:00
ナースは病棟の同僚とパーッと飲んで騒ぐことがあります。
常にイレギュラーが発生する職場なので、全員出席することは困難ですが、都合を合わせて飲み会に出席します。普段言えない話も話せるので、言いたいことがたくさん言えて飲み会はとても盛り上がります。


健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、着実に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。なので、病院で勤務する看護師についても大勢が働いているべきなのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。


ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の助かる点もあります。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。

過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を告げるようにして下さい。患者という立場から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


覚えておかなければいけない仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、常に緊張を強いられる状態なのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも多いそうです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。
ここのところ、ますます看護師は不足気味です。看護師資格を持っているけれども、看護師の職を選択していない人も多いのです。
このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。
それは看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。

なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。


職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。看護師という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。
その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。

そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。


病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。

給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最適なのだろうと感じています。



平均年齢の高まりに従い、福祉施設でも看護師の募集人員は年々増えてきています。


それに、大企業になると医務室などにも看護職の方がいて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面の治療を勤めています。


このようなケースでは、その会社の従業員として働くことも考えられます。看護士の求人はそこらじゅうにありますが、希望に添った形の求人があるとは言い切れません。

看護資格をお持ちの方で就職さえできればそれでいいやと思われる方は少ないでしょう。


できるなら給料が高く、職場環境が良く、夜勤がないという条件で働きたいと思っている方も多いと思います。

希望にあわせて転職するには、情報収集を行うことが重要になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apeefdi2nx1mkl/index1_0.rdf