育毛の定義

January 23 [Sat], 2016, 23:29
育毛の定義
育毛は「髪が育つように促す」という意味の言葉です。」脱毛を防止して、今生えている毛が太く長く成長できるように、頭皮の状態を整える」という行動を見せてくれていると思います。似たような言葉ウール、発毛などがありますが、ウールは「頭皮に栄養を補給して、髪が抜けにくい状態を作る事」を指し発毛は「頭を育てる事」を示しています。
における様々な育毛方法
育毛には様々なものがありますが、大きく分けると育毛、発毛サロン、育毛商品の3種類に分ける事ができます。次の各詳細についてまとめました。
育毛剤
スーパーや薬局などで多くの育毛剤が市販されている事からも分かるように、最も人気のある育毛方法です。過剰な皮脂の分泌を抑制し、頭皮の健康を維持する製品や血液の循環を良くして、頭が私やすいようにサポートしているなどの製品ごとにアプローチは異なります。
育毛サロン
頭皮環境の改善、血液循環促進など、基本的には、育毛剤と同じ効果がある施術を集中的に実施して、頭が私を支援する事が主目的です。サロン自分の育毛方法を用いるところが多く、専門家のアドバイスを受ける事ができるという利点があります。しかし、サロンの開業医師免許公共機関の許認可等は不要、いわゆる悪徳商法が蔓延しやすいのも事実です。育毛サロンを考慮すると、そのサロンに正しく確認する事をお勧め。
育毛商品
育毛シャンプーと一緒に使用する洗浄用ブラシと頭皮をマッサージしてくれる、機械など頭皮環境を整えるための商品が多く販売されています。ただ、すべてのシャンプー、育毛剤などと併用する事が前提とされて一人で大きな効果を発揮するわけではない。

育毛に使用される成分

January 23 [Sat], 2016, 23:30
育毛に使用される成分
育毛剤に含まれる成分には、いくつかありますが、その成分は概ね4つの効果に分ける事ができます。
頭母細胞の活性化
髪の発育を主管頭母細胞に栄養を供給して、頭母細胞自体を活性化させる事で直接的に発毛を促進する成分です。代表的なものはセンブリエキス、パントテン酸カルシウムなどがあります。
血液循環を促進
頭皮の血液循環を改善し、髪に栄養が到着しやすいように動作します。代表成分としては、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、塩化カルプロロニーニウム、ミノキシジルなどがあります。
男性ホルモン拮抗作用
5αリダクターセの機能を阻害して脱毛と恋慕化の進行を抑制する作用をします。このタイプの成分はフィナステリド(プロペシア)が最も人気があります.5αリダクターセは、毛根周辺から分泌される変換酵素であるが、これ男性ホルモンの一つであるテストステロンと結合するとジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型男性ホルモンに変換されます。この作用し、毛髪の発育が妨げされて脱毛と恋慕化が進む事が知られています。
抗炎症作用
洗浄力が強いシャンプーを使用したり、間違ったシャンプーの方法で頭皮の炎症頭皮環境が悪化して脱毛につながる事ができます。グリチルリチン酸、レン、アラントインなどの成分は、頭皮環境を整えて炎症を抑える作用があります。
この他にも頭皮環境を整える成分で保湿成分、かゆみを抑える成分が含有された事もあります。ただ、明確に間伐を予防、改善する成分としては、上述したの効果が重要です。ぜひ育毛選びの参考にしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yui
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apdcb9sej2/index1_0.rdf