対人関係は勝ち負けではない

July 07 [Mon], 2014, 14:23
無言電話をかけたところで相手は嫌な思いをするかもしれないが、必要なことは直接自分が相手の言動の何で傷ついたかを主張することである。努力したのに認められないことというのもある。賞罰教育を受けて育った人にはこのことは我慢ならない。これだけ頑張ったのにどうして気づいてもらえないのか、と。格別の努力をしたということでなく、髪の毛を短くしたとか髪型を変えても気づいてもらえないということがある。気づいてもらえないのなら、こちらから、髪型変えたんだけどどう思う?というふうにいえばいいだけである。なぜそれをいいだせないのか。こちらからいうと負けたことになると思うからである。しかし、対人関係は勝ち負けではないのだから仲良くしたいのなら負けたっていいではないですか、と助言しても抵抗する人はいる。主張しないことで既に権力争いをしているということがあるわけである。世の中にはいろいろな人がいるもので他の人が自分とは違ったふうに考えているとはこれっぽっちも思わない人に会って驚くことがある。娘のことはこの親である私が一番よくわかっているはず、とか、彼や彼女のことは何もいわなくてもわかるという。本当にそんなことがあるのだろうか。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かかろと
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/apcjkhir/index1_0.rdf