福原でアイ

May 24 [Tue], 2016, 5:04
「父親が太っているから自分も太っている」、「うちの血筋は遺伝子的に伸長が乏しい」といった問題はよく聞く。人間の身体的な傾向は、その人が持つ遺伝子が大きく関係していることは、これまでも数多くの誕生によって示されてきた。しかし、白髪になりやすいクライアントにも特有の遺伝子があることが伝わり、世界的な発見だと話題になっている。

 生き物科学、化学、物理科学に関するネット限定の学際的日報「Nature Communications」に掲載された文字に因ると、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの学者たちは、ラテンアメリカにおいて混血のおじいちゃんを持つ6300クライアント以上の被験者を対象に、連中の遺伝子報告において髪の毛がどれくらい分厚いのか、また密度があるのか、カールしているのかいないのか、白髪か何とか、といった鍵を調べていう。

 すると、ひとつの特殊な傾向を持つ遺伝子が判明したと言う。それは、人の頭髪の型や密度にも影響を与える遺伝子で、高齢になった時に白髪になりやすいという傾向を持つ物。こういう遺伝子は「IRF4」と名付けられた。学者たちは「いずれ、こういう遺伝子を研究するため退化以外の白髪の収穫が探せるかもしれない」とし、我々の白髪への様子やマスターが達する可能性も示唆。今後は、高齢化との関わりをますます研究していくと言う。

 そしてこういう誕生で同時に、「PRSS53」と名付けられた遺伝子も論証。これは、頭髪がどれくらい分厚く、そしてカールするかに影響する遺伝子とのため、結び付き眉毛になりやすいか何とかとも関連しているみたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マコト
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ap8oeyme7verst/index1_0.rdf