君の足音

2007年03月03日(土) 16時24分
赤信号

僕は車を止めてタバコに火をつける

ふと窓の外に目をやると君が歩いている

嬉しそうに道端の小さな花に顔を寄せて

眩しそうに空を見上げてにっこり微笑んでいる

家の方向に向かっている、家に帰る途中だろうか

僕は思わず「乗って帰るか?」と声をかけようと思ったけれど

その言葉を飲み込んだ

彼女は歩きたいんだ

あぁやって歩きながら彼女は風の色を見て、空の音を聞いているんだ

そうすることで、彼女は心を落ち着けている

必死にバランスをとっているんだ

そんな彼女の大切時間を

一緒にいたいという僕の勝手な欲望で奪うことは許されない

彼女が僕の方に顔を向ける、嬉しそうにあの大きく咲いたひまわりのような

太陽のようにあたたかな笑顔で笑って手を振っている

僕は笑って小さく手を挙げる

「ププ!」

怒ったように急かすクラクション

いつしか信号は青に変わっていた

僕は車を発進させる

バックミラーに映る君はぴょこぴょこと小さく飛び跳ねながら嬉しそうに歩いていく

そんな君の姿を見ながら僕は思ったんだ

君の見ている世界と、僕の見ている世界は違う

君の世界を僕は生きることができるだろうか

君にとって僕はいったいなんなんだろうね

そんなことは分からないけれど、君が僕に笑ってくれるだけで

僕はそれだけで心のそこから幸せを感じるんだ

僕がただひとつ願うことはね、君がいつもその太陽のような笑顔でいられることなんだよ

僕はタバコを消して車を走らせる

海沿いのこの町を僕は車でどこまでも走っていく

君の足音を心の中に聞きながら

僕は車を飛ばしていく

今度は君と並んで歩きたいな

君の足音と僕の足音を重ねながら

大切な君を僕の右側に感じながら一緒に歩きたいよ
  • URL:http://yaplog.jp/aozoranouta109/archive/15
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aozoranouta109
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像
» 理由なきLove letter (2007年03月22日)
アイコン画像そら
»  (2007年03月09日)
アイコン画像そら
» 避難場所 (2007年03月06日)
アイコン画像ソラノカケラ
» ハリネズミ (2007年02月19日)
Yapme!一覧
読者になる