文化を守るということ 

April 22 [Tue], 2008, 8:51


ご署名お願いします!


ラサでは未だチベット人居住区が閉鎖されているという状況の中でこのようなニュースが入ってきました。


<チベット>大型「文化財保護プロジェクト」が始動―自治区文物局

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000020-rcdc-cn



国際社会からの批判の目を緩和するために、CHINA政府は自分たちがチベットの文化を守ることに貢献しているとアピールしたいようですね。

しかし、建物だけを残したところで文化を保護しているとは言えません。

いくら建物だけが立派になろうとも、その背景にある思想や文化を保護しないのであれば廃墟と同じです。

私は15年ほど前に、初めての中国旅行で1000年以上の歴史を持つ中国仏教寺院に参拝しました。


その時、通訳ガイドに「僧侶たちと話してみたい」と頼むと、自分の耳を疑いたくなるような返事がかえってきました。


「文化革命で本物のお坊さんはいなくなったので、彼らは僧衣を着た共産党員です。仏教のことは知りませんよ」 と。


数年後、その寺院は日本の仏教宗派からの資金援助で立派に復興されました。
往時を偲ばせるような大伽藍が復活したようです。


しかし、私にはテーマパークにしか見えませんでした。

チベット本土のチベット仏教寺院もテーマパーク化が進められています。
どのチベット人僧侶も口を揃えて言います。


「本当に仏教を学びたければインドに亡命するしかない」


仏教の教えも実践もない仏教寺院。


それは誰のための物ですか?




「文化財を保護する」というニュースが入る一方で、引き続き↓このようなニュースも入ってきます。


http://sankei.jp.msn.com/world/china/080421/chn0804212344024-n1.htm  

(新たに僧侶400人拘束か 中国・ラサの仏教寺院)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080416/chn0804160104000-n1.htm  

(チベット寺院に国旗掲揚を 中国、四川省で僧侶に要求)



チベットの危機は今まさに進行しています。


インドから直接、仏教を学んだチベット。インドから中国を経由して仏教を学んだ日本。


いわばチベットと日本の仏教は従兄弟のような関係です。


彼らは、私たちの国には伝わらなかった経典や技術を守ってきてくれました。


砂曼荼羅



建物は設計図さえあれば再建できます。しかし、思想や文化は一度滅びてしまえば取り返しがつきません。



先人達が千年以上にもわたって、大事に大事に伝えてきたのです。



日本とは違う形で伝えられてきた仏教の文化が、大国のエゴのためだけに消されようとしています。




彼らの非暴力の抵抗に、手を差し伸べませんか?


http://www.tibetsupport.net/?page_id=10

※日本政府に対して、中国政府とチベット亡命政府との会談を求める署名にご協力ください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



ご署名お願いします!


善光寺 聖火リレー出発地返上 

April 19 [Sat], 2008, 8:50

ご署名お願いします!


http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080418/crm0804181337011-n1.htm

聖火リレーのスタート地点に決まっていた善光寺が「やっと」ボイコットしてくれました。

記事には「善光寺内部では、チベット暴動で僧侶が弾圧されていることを理由に、同じ仏教者として境内を提供することに反対する意見や、抗議を懸念する声が出ていた。」とありますが、実際は日本全国の心ある人達からの数多くの抗議電話&FAXが実を結んだ結果なのです。 (…事務員さんたちはお気の毒でした。)

これだけの抗議を受けるまで、出発地返上に動けないというところにチベット問題の悲しさがあります。チベットの苦境は50年も続いているのに、その間にダライラマ法王は何度も来日している(更には昨年は全日本仏教会の記念式典にも出席されている)のに、トップどころの僧侶達は「言われるまで気づかない」という有様。

しかし、善光寺では若い僧侶達がボイコットに向け必死で動いてくれていたという話も聞きます。このような動きが拡がれば、チベット問題への認識も変わってくるかもしれません。久々の明るいニュースといえるでしょう。


しかし、忘れてはいけません。

それでも、チベットの危機は何ひとつ解決に向かってはいないのです。

この想いを、なんとかチベットへ届けたいものです。

http://www.tibetsupport.net/

※日本政府に対してチベット亡命政府と中国政府の対話を求める署名にご協力ください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



ご署名お願いします!



P R
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:興瑞、(Lobsang Tashi)
  • アイコン画像 誕生日:9月8日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・語学-チベット語
    ・スポーツ-相撲
読者になる
神社に生まれ、浄土真宗の大学で天台を研究しながら真言系修験の先達資格を持ち、原始仏教とチベット仏教から強い影響を受けたハイブリッド破壊僧・興瑞、が、脳内のあれこれをメモするためのブログです。

本家は
http://ameblo.jp/aozora1/
最新コメント
アイコン画像二児の父
» 嗚呼チベット、四面楚歌? (2009年09月08日)
Yapme!一覧
読者になる