まっちぃと須藤満

September 12 [Tue], 2017, 21:21
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hikari
読者になる
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる