奈良で宮崎

August 31 [Wed], 2016, 23:15
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リク
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる