車両保険限定タイプの特徴と補償範囲
2013.11.29 [Fri] 12:31



近頃どの自動車保険会社も値段釣り上げを行っています。

保険が保険料の釣り上げをしてしまうことになってしまうと、直に市民の生き方に甚大な打撃を与えます。

それでは、なぜ自動車損害保険が料金つり上げという現象に見舞われているのか、おわかりでしょうか?その現象の説明として明言できる事は、大きく捉えて2つ存在します。

まずは、お年を召した乗用車所有者が徐々に増加していることです。

乗用車を所持するのが当然の状態になってしまったことから、老年期の乗用車所持者も増えつつあります。

そしてこの国全体が高齢化社会に移行しつつあるという趨勢があるせいで、これからどんどんお年を召した乗用車所持者が大きな割合を占めていく傾向なのは間違いありません。

お歳を召した方の場合、基本的に月額の掛金が割安に販売されているため保険会社にとってはそれほどメリットがありません。

それは保険の掛金が手ごろなのにトラブルを処理する場合採算の合わない額のお金を被保険者に支払わないとならないという事情があるからです。

とすると損を強いられる可能性が高いため、保険会社の立場から考えれば保険料を値上げするという方法で身を守るしかありません。