任意保険の一番はやはり対人賠償保険だと思います。無制限で補償するのが基本なのか!?それとももっとお得で手厚い補償を受ける方法があるのか調べてみました。


たった5分で!!
最大22社の一括見積り!!


しかも、、、無料!!

初めて自動車保険の見積もりをする人は
平均で27000円以上安くなるんです。


※勧誘の電話なんて一切掛かってきませんよ。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オススメの見積もりサイト「インズウェブ」へ

車両保険一般車両 / 2013年11月29日(金)

どうしてかと言うと保険料金が低いのに事故などのトラブルを起こされてしまった場合コストに見合わない保険金を支払わないといけないという事情があるからです。

その場合リスクがきわめて高くなるので、会社は月々の掛金を上げるという手段を取らざるを得ません。

そして、2個目の原因は、若年者の自動車所有に対する興味のなさにこそ求められます。

高齢の運転手は増えつつありますがそれとは反対に比較的若い世代はクルマというものに憧れなくなりつつあるのが現状です。

その事態の裏側にはどんな事情があるかと言うと、地下鉄などのインフラの発達と彼らの経済事情に関わることなのです。

安定的な仕事に就職することが叶わない若い年代が多数存在することから、マイカーを購入する経済的な余裕がないといった人も相当数いるのです。

しかも、一昔前であれば自動車を保持している事が社会的地位の証明だという社会通念がありましたが、長年の不況も影響してかステータスだ、などとは断言できなくなってきました。

そういった理由で、掛金が高齢よりもコストに見合わない比較的若い年代の保険申込者が低減しているのが今の傾向です。

このような複数の事情が原因で自動車損害保険会社も値段引き上げに及んでいると考察できます。




 
   
Posted at 10:51/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!