たった5分で!!
最大22社の一括見積り!!


しかも、、、無料!!

初めて自動車保険の見積もりをする人は
平均で27000円以上安くなるんです。


※勧誘の電話なんて一切掛かってきませんよ。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オススメの見積もりサイト「インズウェブ」へ

朝日火災 車両保険
2013.11.29 [Fri] 10:35


こういった場合リスクが極めて高いと判断されるため、会社からしてみれば月額の掛金を値上げするという手段に及ぶしかありません。

さて、二つ目の原因に挙げられるのは比較的若い世代の車所有に対する無関心にあると考えられます。

お歳を召した乗用車所有者は増加しつつありますが若い年代は車というものに憧れなくなりつつあるのです。

この背景に当たるものは安価な交通インフラの簡便さと経済的な問題なのです。

収入の安定した仕事に就くことが叶わない若年者が多数であるがために、マイカーを手に入れるお金がないという方も相当数いるのです。

しかも、一昔前ならば車を所有していることが勤め人のステータスだという社会通念がありましたが長年に渡る不況の結果のせいか乗用車の所有がステータスだとは言えなくなってきました。

こういった理由で、掛金が老年期と比較してコスト的に割高な若年層の保険利用者が年々少なくなっていると考えられます。

こういった事が理由となって損害保険会社も値上げに向かわざるを得ないのだと考察できます。