酸素濃度計を使うときの注意

June 29 [Wed], 2016, 16:49
酸素濃度計が必要な場所は酸素が少なくなる場所で人間の体に悪い影響を齎す場所です。たとえば下水道。下水道には動物性たんぱく質、各種処理工場などからの下水が流れ込んでいらっしゃる。その下水には硫酸塩、硫化ナトリウム、アミノ酸などたくさんの成分が含まれます。それらの成分から硫化水素を発生し、一層空気中の酸素も吸収するので下水道では硫化水素中毒と酸素欠乏と両方の症状を割り出す危険性があります。あまり、タンクとマンホールでも水が腐敗し菌が増殖しています。このような汚染空気を一呼吸でもしてしまうとその汚水の中に落ちて溺死してしまう可能性が高いのです。ですからこのような場所で作業を立ち向かうときは酸素濃度計を使ってから作業を行なう。こういうとき酸素濃度計を扱うときの注意点は予め測定始める人は保護服、保護具などの装着を行なう。これらを着けずに体を中に来れるのは大変危険です。また、測定始める人は一人で行わず、緊急事態に対応できるように救助、通報が見込める体制を取り、監視やる人のもとで酸素濃度計を使います。タンクやマンホールのように転落する危険性がある場所では酸素濃度計を使う人に安全帯を装着して監視人がそばで監視行なう。可燃性ガスなどがいらっしゃる危険性が残る場所では防爆構造のものを使用行なう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モカ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aotrfersvseitr/index1_0.rdf