沖縄公演

March 25 [Wed], 2015, 9:33
■2014年7月5日(土)6日(日) 宜野湾海浜公園野外劇場(沖縄)

僕の「本日、小田日和」ツアーは昨年の7月、第2の故郷である沖縄からはじまった。台風の接近で「さすが(雨オトコの)小田さん」とビビってたけど、本番2日間を無事に乗り越えることが出来た。前回の「どーも」ツアーもそう感じたけど、小田さんの歌声は屋外が似合う。それは2日間とも4曲目に「夏の日」を演奏したからだけではない。高く澄んだ声と暮れゆく宜野湾の空が、雲が、絶妙に交わることがそう感じさせるんだと思う。

小田さんは沖縄が(より)好きなんだとも思う節が多々あることも追い打ちをかけるのかも。アルバムの完成のレコーディングを沖縄のスタジオで行ったり、ツアー真っ只中にモンパチ主宰のフェス(前年は台風で中止)に参加したり。ご当地紀行、首里城でのコメント「来てよかった。」のひと言が全てを語っているかのように思ってしまう。単に僕も沖縄が大好きなので感じると言えばそれまでだけど(笑)

この日、小田さんは今までにない曲を作ったということで「二人」の演奏前に『会場のみんなで歌おう』と言った。アルバムの発売直後ということもあり、殆どの人が歌えず少し寂しそうな小田さん(そもそもこの曲を歌うのは難しいと思う)。次公演の東京では言ったか言わなかったか忘れたけど、開始直後に消え去ってしまった合唱の呼びかけは、遂にツアー最後まで復活することはなかった。沖縄に行く前から、沖縄での観光の合間のレンタカーの中でもずーっと「小田日和」を聴いていたので、自分自身は歌いたかった(笑)

その直後の「やさしい風が吹いたら」の演奏直後に吹いた風のやさしさに、思わず連れと「神だ」と目を見合わせてしまったことを今でも強く憶えてます。


沖縄の話が長くて恐縮ですが、他の場所とはあきらかに違うセットリストだったと思う。前記した「夏の日」はもとより、「ダイジョウブ」は他会場でも歌ったようだけど、「こころ」を演奏したのは福井で歌った「さよなら」くらいレアだと思う。嬉しいなぁ。1日目は通路に面した席だったので、目の前を通過する小田さん。「どーも」ツアーでは「キラキラ」の時にマイクを向けられたけど、今回は通り過ぎるだけ。久々に見る小田さんはあっという間に僕らの目の前を走り去ったけど、元気そうで嬉しくなる。

ツアー中、何回か小田さんが涙を見せることがあるのは他の方からの感想やご報告で目にするけど、沖縄でも涙を浮かべていた(と思う)。そんな小田さんに僕らも涙した(と思う)。

Facebook繋がりの方にご指摘いただくまですっかり忘れていたけど(お恥ずかしいです)、沖縄の楽しみは終演後の花火。小田さんを含め夜空に舞いあがる様々な爆裂に歓喜し、コンサートの余韻に浸ることができた。(Oさん、この場を借りて感謝いたします!)

台風が近づく翌日、那覇空港で次の行先である石垣島に向かうためチェックインしていると、荷物検査場でカメラマンの菊地さんと遭遇(声はかけてません)。早めに東京に戻るんだろうなと推察です。「どーも」ツアーの沖縄では菊地さんにノリの良さを【サムアップ】でお褒め頂いた記憶が蘇りました。(キラキラの時に【小田ジャンプ(個人的にそう名付けている小刻みなその場跳び)】をしていた僕にマイクを向けてくれたのを写真に撮っていた菊地さんとのやりとりがあったのです) そんなことまで思い出になるなんて、ステキだなぁ。


会場の野外劇場
  • URL:http://yaplog.jp/aosalice/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aosalice
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像aosalice
» 福島公演 (2015年03月26日)
アイコン画像Tukiyo
» 福島公演 (2015年03月25日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aosalice/index1_0.rdf