まただ

December 04 [Sat], 2010, 17:40
夫の浮気。
私が気づいただけで3回目

1回目は7年前だったかな
相手は19歳の女の子
浮気じゃなかったかもしれないけど
結婚記念日に会員制の夜景のきれいなレストランで
シェフのお任せコースを2つ頼んでた。
床にレシートが落ちていたから ばれた。
19歳の女の子から誘うわけもないよね、そんなお店。下心ありありでしょ。

それまで根拠なく信じてた。
彼は決して私を裏切らないって。
手が震えて涙がとまらなかった。
結婚記念日なんだもの。
毎年プレゼントをしあって大切にしていた日だったのに。
彼は言った。
あとからその日だと気づいたけど
連絡先わからなくてどうしようもなかったって。
そんなわけない。
それに、何をいってもどうしよもないよ。
あのお店は特別なお店だったし。
お客さんがお店のカギをもっていて
それであけて入っていくと、螺旋階段があってものすごく秘密めいている。
案内してくれるのはかっこいい少しタフな感じの黒人さん。
19歳の女の子 ドキドキしないはずがない。

それ以来私
彼を信頼できなくなった。
なんだか二人の間の大切にしていた何かに
取りかえしつかないほどの傷がついてしまった感じだった。
もう何もなかったころにはもどれない。
それが悲しくてたまらなかった。
私はひどく泣いたし
それを見た彼は反省してたし、だから私
もう2度とそんなことしないと信じてた。

でもその後も似たようなことなら何回もあったと思うよ。

決定的だったのは
今年の春
少し前から突然おかしくなってた
彼はきっと私のせいだというだろうけど
きっとそれも何割かはあるけれど、
一番の根は違うと私は思う。
1娘にもそのおかしな雰囲気は伝わっていたし。

スキナヒトができたから
私が疎ましくなったんだ。

鼻の日帰り手術立ち会いの際に
彼の携帯の画像フォルダーをなんの気なしに見た。
メールはいかんと、思いとどまって
画像はほんとに軽い気持ちであけた。
でもそこには見知らぬ女性の
正面からの写真と
横顔の写真。
新車がきて初めての日曜日が記録されていて
写真は紛れもなくその助手席。
私さえまだ殆ど座ってない時期だった。
5時間くらい一緒だったのかな。
翌日から1週間の出張だから
そのまえに現場を見に行くと言ってうちを出たのにね。
ひどいよね。
仕事だといって嘘ついてたんだね。
でも、一番ショックだったのは写真の撮り方に愛があったこと。
びっくりした。
こんなことする人だとは知らなかったから。
私の写真を大事にもっていることなんか
なかったもん。

4月頃から携帯を肌身離さず持ってた。
煙草を吸うときにも
トイレに行くときに持っていったのは驚いた。
それまでは
かかってきた電話に私が出ることさえ普通だったのに。

自由になりたいとか
2年くらい旅をしたいとか言いだして
おかしいとは思ってた。

私が話しかけると嫌そうだったしね。

会社は私が総務経理やってるんだから、携帯の明細なんて簡単に見られるの。
そんなことする自分がいやだったけど
何とかして安心したかった。
でも調べるほど、絶望のほうに傾いていった。
4月の電話でやたらと同じところにかけているのが判明。
まして夜中に1時間も。
その日は福岡に出張。娘の大学入学式だったのに、それを忘れてわざわざ連泊にしてた。
連泊するということに驚いて、え?入学式だよ、式に出ないまでも娘の晴れ姿くらい見たくないの?と言ったら、
じゃ、辞めると、子供がすねたように言う。知らなかったって。(伝えていたと思うんだけど)
入学式のことなんて気にしていなかった証拠だよね。娘も驚いてた。
一人娘の入学式だもん、いつなのかと考えなかったのが悲しい。
そんな状態で行ったのに
夜中に1時間もその電話番号の人と話してる。
無料時間の始まるすぐから1時間。
翌朝は、入学式の様子を伝えるメールを送ったらようやくおめでとうメールがきたんだっけ。

でも私 キレはしなかった。
替わりに泣いた。
夫の会社で働く私には逃げ場がない。
社員の手前、しっかりしてなくちゃいけない。でも
昼は近くの公園のベンチでただ泣いてた。

しばらくして、私は『自由になりたい』の意味を聞いた。
そこに恋愛さえも含まれるのかと。
彼は答えてくれた。
そうだ。人の気持ちは仕方ないよ。
同じく、妻の私が誰を好きになっても仕方ないと。

これは効いた。

考えると今でも泣けるほどだ。
つまり、彼にとって、私は誰にも渡したくないものなんかじゃない、ということだ。
結婚の根底をゆるがすような気がする。
人間はいい加減だから、約束するんだよ。
結婚はある決心の顕れで、他の人ではなく相手を愛し続けるという契約なんだよ。
万が一心が揺れそうになっても
自制する努力をするのが結婚の約束事なんじゃないの?
その約束を放棄するなら、
結婚の意味なんか ない。

じゃ離婚したいの?と聞いたら違うという。
ワケがわからなかった。
少なくとも、彼にとっての私は
傷つけても構わない存在でしかなかったと思う。

5月の結婚記念日の頃は最悪だった。
無断の朝帰りも2回あった。
どこに行っていたのと聞くと、店で爆睡したという。
でもそのお店のレシートが回って来ない。
不思議に思ってお財布をみたら
黄色い薬が6錠
なに?怖い薬じゃないよね、不安でドキドキしながらネットで調べたら、
シ●●スという薬。
治療のためなんかじゃないのは一目瞭然。

夜中にやたらとハイテンションで帰ってきたあとしばらく眠れないようだった。
そして朝近くになるとソファーで爆睡しはじめた。
持病のアトピーが悪化する。
背中に外用薬を塗ってあげながら、悲しくてたまらなかった。

私は、変な感受性があるらしく、当時の夫からは獣のような匂いが立ちあがっていると感じていたが
それは他の誰にもわからないようだった。

6月になり
私が 辛い 毎日泣くのを我慢して仕事している と言ったら一言 ごめんって。
初めて聞いた謝りの言葉だった。

水に流そうと決めた。
嬉しかったんだ。私。
その一言には真実味があったから。

それから私はアロマの勉強を始めたし
フラワーレメディでかなり自分を癒した。
考え方も改めたつもりだったし
我が家もようやくいい感じになったと思った。

でも

今朝のこと。
新聞屋さんにお金を払おうとしたら、1万円札しかなかった。
お金を借りようと夫の財布をみたらまたもあの薬を発見してしまった。
10錠ずつはいっているらしい。空になった同じ袋も残されていた。

うわの空で新聞代を支払った。

そういえば、ここのところ彼からまた
獣のような匂いがする。
前はなんでだかわからなかったけど
きっと これ 浮気の匂いなんだな。

私はどうしたらいいんだろう。
彼は2台とも携帯にはロックをかけている。
みようとしたのではなく
多分かけてるだろうなと、それを確認したかっただけ。

私は浮気の証拠集めをしてしまうんだろうか。

もう やだ…

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はな
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aoneko3/index1_0.rdf