ポップアップウィンドウについて 

February 17 [Thu], 2011, 14:42
 window.open("@abcd.htm","Aname","Btoolbar=0,Clocation=0,Ddirectories=0,
  Estatus=0,Fmenubar=0,Gscrollbars=0,Hresizable=0,IWidth=600,JHeight=450");

@リンク先URL A識別のための名前(適当で良い) Bツールバーの有無
Cアドレスバーの有無 Dディレクトリーバーの有無 Eステータスバーの有無
Fメニューバーの有無 Gスクロールバーの有無 Hウインドウのリサイズの可否
Iウインドウの幅指定 Jウインドウの高さ指定

各バーの有無は、記述しなければデフォルトの無になります。
”1又はyes”は有、”0又はno”で無しです。



これをswfファイルが埋め込まれているHTMLファイルの<HEAD>部分に
”function”で定義して、それをFLASHのボタンから呼び出すようにします(^^g/~~

具体的には・・・<HEAD>内に、

 <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
 <!--
  function abcd(){
   window.open("abcd.htm","name","toolbar=0,location=0,directories=0,status=0,(→改行しない)
   menubar=0,scrollbars=0,resizable=0,Width=600,Height=450");
  }
 // -->
 </SCRIPT>


http://hfm-kenchan.com/Lesson/log_qa/A09_011.htm

javascriptで表示×? 

December 10 [Fri], 2010, 14:39
<a href="#" onclick="setActiveStyleSheet('s'); return false;"><img src="img/common/font_s.jpg" width="16" height="16" alt="フォント小" /></a>

javascriptで表示できない



<a href="#" onclick="setActiveStyleSheet(¥'s¥'); return false;"><img src="img/common/font_s.jpg" width="16" height="16" alt="フォント小" /></a>
のような感じに「’」の前に¥をつける

文字サイズ 変更ボタン 

December 10 [Fri], 2010, 14:21
<head>
<link href="css/import.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="all" />
<link rel="alternate stylesheet" type="text/css" href="css/default_s.css" title="▲" />
<link rel="alternate stylesheet" type="text/css" href="css/default.css" title="●" />
<link rel="alternate stylesheet" type="text/css" href="css/default_l.css" title="■" />
<script type="text/javascript" src="js/styleswitcher.js"></script>
</head>

<body>
<a href="#" onclick="setActiveStyleSheet('▲'); return false;"><img src="img/common/font_s.jpg" width="16" height="16" alt="フォント小" /></a>
<a href="#" onclick="setActiveStyleSheet('●'); return false;"><img src="img/common/font_m.jpg" width="16" height="16" alt="フォント中" /></a>
<a href="#" onclick="setActiveStyleSheet('■'); return false;"><img src="img/common/font_l.jpg" width="16" height="16" alt="フォント大" class="mr5" /></a>
</body>



追記は「styleswitcher.js」の名前で保存
DL元:A List Apart: Articles: Alternative Style: Working With Alternate Style Sheets


link指定 

November 29 [Mon], 2010, 18:37
class→a:link.クラス名 {color:#cc0000; text-decoration: none;}

id→#id名 a:link{ color:#cc0000; text-decoration: none; }

小窓表示 

November 26 [Fri], 2010, 20:27
on (release) {
getURL("javascript:void(window.open('○○○.html#ive','sbw','width=590,height=400,scrollbars=yes'))");
}

ロールオーバー 

October 21 [Thu], 2010, 10:50
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// image オブジェクト変数、配列化と.srcで画像自動取り込み
// 各サイトのバナーを自サイト画像フォルダに保存する、gif画像ok。
 
image = new Array();
image[0] = new Image();
image[0].src = "http://127.0.0.1/~user/banner/img1.jpg";
image[1] = new Image();
image[1].src = "http://127.0.0.1/~user/banner/img2.jpg";
image[2] = new Image();
image[2].src = "http://127.0.0.1/~user/banner/img3.jpg";
image[3] = new Image();
image[3].src = "http://127.0.0.1/~user/banner/img4.jpg";
image[4] = new Image();
image[4].src = "http://127.0.0.1/~user/banner/img5.jpg";

//画像src関数 n またはnum, numberなど画像番号

function Img_1(n){
if(document.images){
document.link.src=image[n-1].src;}}
-->
</SCRIPT> </HEAD>
<BODY>
<P>
<A href="index1.html" onmouseover="Img_1(1)" onmouseout="Img_1(4)">banner1</A><BR>
<A href="index2.html" onmouseover="Img_1(2)" onmouseout="Img_1(4)">banner2</A><BR>
<A href="index3.html" onmouseover="Img_1(3)" onmouseout="Img_1(4)">banner3</A><BR>
</P>
<TABLE border="1">



作成上の注意点:

perlなどのウェブ・プログラミングでは、配列は、0,1,2,3,,,nとします。
画像番号をimg0.jpg/gifからはじめる時は、image[n-1]は[n]です。


name="link" はimg のプロパティです。document.link.src と連動します。

リンクサイトの種別(例、映画サイト、音楽サイトなど)にあわせて
document.movie.src 
document.music.src
のようにnameを変えると、常に発展するサイトや新鮮さを保つ上でメンテ
(保守)性は向上します。

<SPAN id="Img_1()">〜</SPAN>



image = new Image([width, height]) (e4/N3)
イメージオブジェクトを生成します。width, height は省略可能で、画像の横幅、高さを指定します。後に必要となる画像データをあらかじめキャッシュに読み込んでおく際などに用いられます。
>http://www.tohoho-web.com/js/image.htm

>n-1を使う利点ってなんだろう?

読み方 

October 14 [Thu], 2010, 9:37
Compuserve GIF (コンピュサーブ・ジフ)
Graphics Interchange Format の略。 アメリカの大手パソコン通信会社、CompuServe社が作った画像ファイルの形式。最大256色までサポートできる。

BOV→FLV変換 

October 01 [Fri], 2010, 12:29
動画変換 方法
主にmacを使用しての作業となる。

主な手順 使用ソフト
1、VOBからMOVに変換 :MPEG streamclip
2、MOVをサイズ変更 :Final Cut Pro
3、MOVからFLVに変換 :Flash Media Encoder

1、MPEG streamclipを使って VOBからMOVに変換する。
・「App/-略-/DVCPRO-NTSC」
・クオリティ品質は最高に
・オプションでサイズの比率を設定
※サイズ変更なし

2、Final Cut Proを使ってサイズを変更する。
・書き出し>「mov変換」を使用して書き出す
・圧縮形式は「なし」
・フレームサイズを変更

3、Flash Media Encoderを使ってMOVからFLVに変換する。
・flv/f4vの「flv」を選択
・クオリティ品質は最高に

以上全ての手順を踏み、VOBからFLVに変更する作業は完了となる。



flvをflash(flvプレーヤー)を使ってHPで観る
mac以外のPCでも作業可能。

Flvプレーヤーを使用し、上記で制作したflvムービーを埋め込む。
主な使用ソフト:flash
1、ウインドウ>コンポーネント からFLVPlaybackをドラック&ドロップ
2、FLVPlaybackを選択し、Shift+F7キー>パラメータ
3、「contentPath」の欄を選択し、ファイルを呼び出す
※このとき、本番にアップする際はftpでアップロードした想定のパスを書き込むこと。
たとえば、swfのファイルとflvファイルが同階層にあったら、パスは
「movie.flv」となり、フォルダが違う場合は「(ex)../ellc/movie.flv」などとなる。
※その他、絶対パスも指定できる。
※flvのパスはrtmp;//〜〜でも読み込めるが、他サーバーで不可な場合があるので、
現状、同じフォルダに入れて対処。


以上でflvムービーのアップロード作業は完了となる。

flvプレーヤーをパブリッシュしたとき 

September 10 [Fri], 2010, 14:43
・一緒にできる「ClearExternalPlaySeekMute.swf」は、flvプレーヤーのテンプレだから、一緒にサーバーにアップロードしないとうまく表示されない。
・種類ごとに「〜略〜」は違うため、同じフォルダ内に何個も違うプレーヤーを使用した場合はその分だけ、テンプレートswfも一緒にアップロードしなければならない


flash CS3

javascriptを@importのように一つのjsファイルで読み込む 

September 02 [Thu], 2010, 13:35

<head>
<script type="text/javascript" src="js/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/yuga.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/outline.js"></script>
</head>

そこでcssの@importのように一つのファイルを読み込めば、
同時に他のファイルも読み込んでくれるようにする方法です。

手順はとても簡単でdocument.write()を使います。
document.write()はjavascript内にhtmlを書く時に使用します。

読み込むjsファイル全てを以下のようにまとめます。

document.write('<script type="text/javascript" src="js/jquery.js"></script>
');
document.write('<script type="text/javascript" src="js/yuga.js"></script>');
document.write('<script type="text/javascript" src="js/outline.js"></script>');

これを.jsの拡張子で保存し、〜内に読み込めば完了です。

<head>
<script type="text/javascript" src="js/ファイル名.js"></script>
</head>