#20180102

January 02 [Tue], 2018, 23:29



月日が経つのは早いもので。
今日は6年ぶりに従兄弟が訪ねて来てくれました。


最後に会った時、小学生だった彼らは立派に高校生、中学生になってました。
まだまだ自分も若い気でいたけど、彼らと並ぶと素直に老いを認めざるを得ないね。笑


親の兄弟が多いと必然的にいとこも多い訳で。
その中でも1番年上の私。
みんなのおしめは取り替えてきましたよ。
親族で集まることが多かったので、寝食は共にしましたね。
どれだけ覚えているかな?


スマートフォン時代最盛期。
LINEが出来るようになり、気軽に連絡が取れるようになったおかげでまたみんなで集まりたいねという話に。


必ずや実現したいものですね。



#20180101

January 01 [Mon], 2018, 22:59



1月1日、元旦。
毎年、年末年始は休暇を取ってきたけれど、高確率で休暇期間に体調を崩し、ただの療養期間となっていました。
きっと長期休暇で気が緩んで風邪を引くパターン。
一昨年は結局病院行かなかったけど症状的にはインフル。笑
昨年は扁桃炎。


というわけで今年は年始から連勤にて働いてます。
世間様の三が日が終わった頃に私の正月休みが始まるのだ!


そこで体調崩したら元も子もないので規則正しく生活しまァす。



#20171231

December 31 [Sun], 2017, 22:09


2005年にこのブログを開設したけど、三日坊主癖を持つ私はことごとく更新を停滞し、全記事を削除しては再開、また全削除しては再開の繰り返しでした。


またいつ停滞するかはわかりませんが(←)、毎日更新することを目標に、新年より再開してみます。




学生の頃には毎日書いてた日記。
社会人になって書くことがなくなりました。
単純に日々の忙しさからか。
まぁハッキリとした理由がもう一つ思い当たるが触れないでおこう。


言葉を生み出す作業は嫌いではない。
気持ちを明確に言葉で表現出来たとき、またはそんな表現に出会えたとき、言葉の面白さを再認識させられる。


言葉は触れなければどんどん自身の能力からも離れていく。
今までそのスキルがあったかと言われれば自信を持って肯定出来るわけではないが、学生の頃はよく本を読み、文章を綴り、何かしらのかたちには昇華していたはず。


そんなあの頃に、少しでも還りたいと願う独善的な希望からの再開ではありますが、どうか長く続きますように。
そう自分に願う。笑
こうこく
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
さいしん きじ