水彩メイキングぽいもの その2(準備編)

February 18 [Wed], 2015, 23:10
では、実際にメイキングです。
まずは水彩を塗る前のペン入れまで。



いつもおなじみ(?)photoshop先生です。
私はPhotoshopがないと何もできません。

一行で説明すると、「読書とジャンプ」からコピーした画像から線を抜き出し、淡い色にします。


まず、新規作成>A4サイズで新しいキャンバスを作ります。
そこに色塗りしたいイラストを貼り付け、サイズ調整します。

そのあと、塗り潰し個所を消し、線のみにします。
塗りつぶしの消し方は、ソフトが違うだけでほとんどこの時のメイキングと同じです。
「W」で範囲選択、「Alt+Delete」で塗り潰しができるので、楽です。

Photoshopの場合、範囲選択&塗り潰しがあまり綺麗にできないので、
ブラシで縁取り→範囲選択→選択範囲の拡大→塗り潰し
という作業が必要になるのですが、アクション作って楽しています。

ただ、デジタルイラストと違って、塗り潰し個所は一生懸命消す必要はありません。
ざっくりでいいです。
なぜなら、ここで使う線は完成したらほとんど見えなくなるからです。
濃い色だと水彩使った後も残ってしまうので、薄い色にする必要があるのです。


その後、線画抽出(線画抽出のやり方はたくさんネットにあふれているのでググって下さい)し、調整レイヤーの「色相・彩度レイヤー」を作成(下のレイヤーにクリップしてください)し、適当に色味を調整しています。
このとき、必ず「色彩の統一」にチェックを入れてください。(←古いphtoshopのバージョンにはないです。少なくともCS2にはなくてCS5にはあった)
CS2時代はカラーバランスで調整していたような気がします。

別にこんな方法にしなくても、普通に線画抽出した後、好みの色で塗り潰しちゃえば良いんですけどね。
何となく、この方法をいつも使っています。




そしてプリンターで印刷します。
ちなみに、普通の染料インクです。
印刷した線画が水に溶けて消えることを前提として、薄い色で印刷をしたのでした。
(消えなくても、色をのせれば見えなくなる)

なお、顔料インクは水に溶けないので、私のやり方だと駄目です。

また、薄手の水彩用紙を使用している理由も、プリンターに通す為です。
厚手の水彩紙だと、私のプリンターでは印刷できなかったので、190gにこだわっていたのでした。

ちなみに、水彩紙はいわゆるA4とかA3とかとはサイズの基準が違うので、少し大きめの水彩紙をA4サイズに切って使っています。
アルシュ以外はF4を購入しています。(アルシュはさらになんか違う……)




そして、ここからペン入れ。
上の写真は白夜叉銀さんだけペン入れした状態です。

実際にペンでペン入れするときもありますが、9割方シャープペンです。
時々色鉛筆を使うこともあります。
今まではかずはさんと同じくグラフギアの0.3を使っていましたが、最近、0.2のシャープペンが発売された模様だったので、買ってみました。
正直、グラフギアでいいや、というのが感想でした。

ただ印刷された線をなぞるだけですが、水彩紙に凹凸があるので、なかなか難しいです。
ちょっと線がずれても、大きな影響がない場合はなるべく消さないようにします。
どうしても、コレはまずい!という場合だけ、消しゴム使って修正します。

下の写真の、右上の汚い黒い物体は高校で使っていた練り消しです。
正直、色鉛筆塗りの時しか使いません。
普通の消しゴムと、細長い消しゴムばっかり使います。



完成。
血の所は線を入れずに、カラーのみで表現したかったので、ペン入れしていません。
塗り忘れではないのです。

ようやく塗りに入れます。



※以下は余談。

余談@
塗りに入る前に、水張りという作業をするときがあります。
紙が水分を含むと紙がたわむので、それをなくす手法です。
水張りについてもそれなりに情報が出ているので、興味ある人は調べてください。
正直、私はやり方がよくわかってないのでなんちゃって水張りです。

でも、今回使用した水彩紙 アルシュは水張りするとむしろ失敗するので(←たぶん、自分のやり方がなんか違っているのかも)、水張りなしでやっています。


余談A
今回は水彩紙に直接印字してそれをなぞる作業をしていますが、紙が通らないとか、プリンターに通らないような大きな紙で塗りたい等の問題がある場合、以下の1通りの方法があります。
@トレース台を使う。
 一番手っ取り早いです。でも、私はトレース台持っていません。
Aエセカーボン紙
 1.普通の紙(薄手の紙が◎)に印刷
 2.紙の裏を濃い鉛筆(私は9Bの芯鉛筆を使っています)で塗り潰し、簡易カーボン紙を作成。
   水彩紙上に置いてなぞると下に転記されます。
   ただ、この方法は水彩紙が汚くなって消しゴム必須なので、シャーペンで清書したい人には不向き。
   

次に進む。


  • URL:http://yaplog.jp/aoisora-no-uta/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:星之介
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
昔1ヶ月くらいでやめたブログの使い回しです(笑)
「読書とジャンプ」の鉛筆絵をどうやって塗ったらいいかのメイキングをのせるために復活させました。
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aoisora-no-uta/index1_0.rdf