34w2d CV挿入

December 26 [Mon], 2016, 23:07
腕の点滴にいい加減限界を感じたので主治医に訴えると首からカテーテルを通すことを提案された
内科の医師が処置してくれるので相談しておくわ、と言われたのが土曜日のこと

月曜日に処置をしてもらえることになった

11時に看護師に呼ばれ部屋を移動
空いてるのが陣痛室しかないとのことでそこへ入る

内科の医師が来て色々説明されたが看護師も同時に喋るからあんまり聞き取れなかった
前日にネットで処置の内容をある程度調べていたのでまあいいかな

医療ドラマでもよく見る首の所に穴の空いた布みたいなやつを被せられる
患者の顔色が見えるようにと透明だった
汗吸ってくれないし顔暑い
右の鎖骨のあたりに麻酔を一本刺す
首に刺すのは初めてだったが普通の注射と同じくらいの痛みだった
すぐ麻酔が効いたらしくそこから何やら処置
鎖骨のあたりをぐりぐりされる感触があって、カテーテルを通す音が聞こえて、引っ張られる時は縫ってるのかなという感じ
麻酔の範囲が狭かったのか、縫合の最後の2針は刺される痛みがあった
でもそれも注射と同じくらいの痛みだった
医師と看護師と談笑しつつ20〜30分くらいで終了

緊張してお腹が張ることがあるらしくモニターをつける
カテーテルがちゃんと入ってるかレントゲンを撮る
レントゲンが持ち運びできることに驚いた
なんとなく引きつれたような違和感と、鎖骨が痛いような気がする
でも眠気が勝つくらいの感覚だったので疲れもあってかちょっと寝た

13時を過ぎてきたので看護師が昼食を持ってきてくれた
モニターつけたままだし首がやっぱりちょっと痛いのでベッドの上半分だけを起こしてもらい寝たまま食べる
看護師が気を利かせてスマホも持ってきてくれたので傷口の自撮りをする
ここで初めてどうなってるか見たが思いの外グロくなかった
昨日ネットで散々見た画像の方がグロかった

張りが5分置きで収まらず、2A15→2A20へ上がる
間隔が空くようになったためモニター外し15時に部屋に戻る

麻酔が切れてきたからか、鏡でしっかり傷口を見てしまったからか、痛みが強くなってくる
夜は痛くて寝返りが打てず、緊張もあってか寝れなかった

早く慣れたい

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵い羊
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1991年11月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・ロキノン系音楽 アニメ 駅メモ スクフェス-可愛い女の子が好きです
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる