「ブリジット・ジョーンズの日記」

July 10 [Sun], 2011, 12:50
今更見ました。
てっきりアメリカの女子高生の話だと思っていたけど全然違いました。

イギリスの30代独身女性の日記だったのか。そしてすごく面白かった。多分日本で同じような映画作っても残るのは悲壮感だけなような気がする。ブリジットが本当にかわいくてですな。あんな30歳になりたいわ。とは言え、30代にしては可愛すぎた気がしなくも・・・・・・そんなもんだろうか、30代って。

最近「英国王のスピーチ」を見たばかりだったからコ.リン・フ.ァースにおぉぉってなった。

「ゴースト もういちど抱きしめたい」

March 21 [Mon], 2011, 18:39
アジア版の方です。イギリスから帰国の飛行機の中で観ました。そして、号泣した。

腐女子視点で勝手に好きなカップリングに当てはめて見てたんですけど、それがものすごくはまっちゃいまして。

「悲しいボーイフレンド」

January 28 [Fri], 2011, 1:36
懐かしい、透き通る、あの青春。
中学時代をなんとなく思い出した。

「百万円と苦虫女」

January 17 [Mon], 2011, 0:41
なんか、この映画の蒼/井優、すごい友達に似てる気がする。喋り方とか雰囲気が。

イメージしていた内容と大分違っていました。もっと、ほんわりふんわかな映画だと思ってた。
嫌いじゃないけど、好きでもないかもしれない。
彼氏君の不器用な甘え方は可愛いと思ったけど。

「シティ・オブ・エンジェル」

January 17 [Mon], 2011, 0:31
紆余曲折があり見てみたんですけど。
泣いた。大いに泣いた。
けれどこの終わり方でよかったと思う。
これも愛かぁ、と。

「プラダを着た悪魔」

January 17 [Mon], 2011, 0:24
ファッション、出版業界についてはよくわからないけれど、ミランダはそんな鬼上司ではないと思います。むしろ、あのような上司に出会えてその下で働くことができた主人公は、それだけでかなり強運だと思う。
私自身、ファッションに対して興味がないので前半での主人公にはかなり共感できました。興味がないというのと、きれいな人達への嫉妬。きれいな洋服はきれいな人が着ればいいのよ、みたいな。どんどん主人公がきれいになっていく様は見ていて清々しいくらいだった。まぁ、元がきれいだからね。
終わり方に関して言えば、予想と外れました。てっきり今の仕事を頑張っていくものかと思っていたら、裏切られた。

「ミス・ポター」

January 03 [Mon], 2011, 13:53
イギリスが舞台でイギリスの女流作家の話ってだけで借りたんだけど、よかったです。なんかこう、自分と重なる部分があまりにも多くて。「未婚の方が幸せ」とかね。そんな風に考えてた女性が「結婚しよう!」と決めた男性がまさかの病死とかなにこの悲劇。最終的には幼いポターに作家になることを勧めてくれた男性と結婚しますが、アタシは病死しちゃった最初の婚約相手の方が好き。見た目は前者の方が好きなんですがね。

「ムーンプリンセス」

January 03 [Mon], 2011, 13:51
これぞファンタジー国家の本気って感じだった。内容はまぁ王道ファンタジーだったのだけど、服がいちいち可愛かった。あと、ヒロインの叔父さんがかなりのツンデレだった。こいつヒロインより泣いてるんじゃね?みたいな。イギリス好き、可愛いもの好きな人にはオススメな映画。

「猟奇的な彼女 NY版」

January 03 [Mon], 2011, 13:48
オリジナル(韓国版)の方が猟奇的だった。というのがまず真っ先に思ったこと。これはこれでいいんだけど、オリジナルのインパクトが強すぎて。国が違えば文化も違う。

「ホーカス ポーカス」

August 10 [Tue], 2010, 21:48
ディズニー映画。300年前に魔女裁判で葬られた魔女三姉妹がハロウィンの夜に蘇って大暴れ(っていうより大騒ぎ?)するファンタジー。末っ子のサラがかわいかった。300年前、魔女にさらわれた妹を救おうと魔女に立ち向かったんだけど逆に呪いで黒猫にされた男の子もかわいかった(主に猫、が)。300年間生き続けたとか、泣ける設定すぎる。でもまぁディズニー映画ですから「楽しんで見れる」内容でした。